« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004/05/30

柏Vs東京

kasiwa.jpg
柏の葉では、戸田と小峯のマッチアップがとっても楽しくて、柏の出来が悪かったのもあるんだけど、ゴル裏は久々に余裕でしたな。

1発目の東京コールは
A君てんぱってました
笑いを誘ってどーすんのよ。

ほんの数年前は、ケリーが黄紙の累積でいなくなったら、次の試合は組み立てられる奴なんかいなかったわけだし、由紀彦が怪我でもしたらその代わりは誰よ?ってかんじだったわけなんだけど、石川がいなくたって別に違和感は感じなかったし、馬場優太もそこそこやれてたし、そこんとこ考えると、東京は選手層が厚くなったねぇと、同行の人たちと話しておりましたとさ。

FWの選手層はぷぷぷだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/28

VIVA!焼酎!

syouctuu.jpg

うまいぞ焼酎!
香るぞ焼酎!
酔い覚め爽やか焼酎!

行きつけの店のマスターが幻の焼酎でなかなか手に入らねぇと、
恩着せがましく飲ませてくれた。
んまんま。の馬鹿ウマ。焼酎のくせにバーボンぽいコクと香り。

つーかリアルタイム酔っぱらい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/26

IN味スタ

pic_0139.jpg
今日俺は新宿にいた。

そうだ!味スタに行こう!

思い立った俺は小田急デパ地下でカニ飯弁当と焼きトウモロコシを買いこんで、京王線の準特急に乗り込んだ。

満員の電車は、俺の手に握られたビニール袋から漏れ出す焼きトウモロコシの香ばしい匂いに充たされていた。

アウエイ自由席の当日売りを買って、買いこんだカニ飯弁当をひとくち食べて驚いた。

不味い!1890円のくせに不味い!

悲しみに包まれた俺はビールを飲んで気を取り直した。
試合が始まって俺はまた驚いた。
不味い!3000円のくせに不味い!

悲しみに包まれた俺はビールを飲んで気を取り直した。

後半戦が始まった。
点を取られた。
悲しみに包まれた俺はビールを飲んで気を取り直した。

交代で出てきた選手が機能していない!

おれは座席を占拠してふて寝してしまった。
歓声が沸き起こった。今野がヘッダーで点を決めたらしい。

この目で見てないけど、今日初めてスタジアムに来て良かった!と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/24

たまには

hawk.jpg 学生時代の友だちに大学のBIGBANDで太鼓を叩いていたKってやつがいて、俺はこいつの影響で(つーか強制的に)Jazzを聞いて暮らしておりましたとさ。 『The High And Mighty Hawk/Coleman Hawkins/ポリドール』 好きな1枚です。 ハンク・ジョーンズのイントロからレイ・ブラウンが入ってきて、軽快なトップシンバルの太鼓が入ってきて、そっからトランペットとテナーがやって来て、気がついたらあ~た、つま先でリズムとりながら体が揺れてますよ。7コーラスにも渡ってホーキンスは吹きまくってますよ。もし興味が湧いてきたんなら言っとくれ。

全部俺が歌ってやるぞ!

基本的にリズム隊+ホーン+リードてぇのが好みで、活きのいいラッパに名人クラスのテナーがいてくれれば、何もいうことはありませんぜ。

たまには違うことも書いとかねぇとな。HTMLタグが使えることに気づいたのさ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/23

やるねぇ 南

minami.jpg

なんだかんだで サッカーファンは君のことを忘れないよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/22

鹿島Vs東京とか

kashima.jpg

今回はツアーバスで行ってきました。その名も“三度の飯より東京”というやつ。
よくわかんねぇけど。

試合もよくわかんねぇし、嘘かホントかわかんねぇけど『ボカ・ジュニオールズ』が日本に来る本当の理由は新幹線に乗りたかったかららしいし、そんなことぐらいですかね、今回の遠征の収穫は。

おっと忘れてた。

さんきゅう 丈二!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/19

川崎Vs山形

yamagata.jpg

今日は雨降ってっけど、等々力に行くことにした。等々力で試合がある時は、新丸子駅にある東急ストアでしこたま買いこんで、ビール片手に観戦というのが、いつものスタイルである。スタジアムではなんと生ビールが500円である。うれしいじゃないか。

山形を応援している人たちのすぐ横で観戦することにした。枝豆を囓りながら試合開始を待ってると、味スタの並びでお世話になっているひとに声をかけられた。お互いの暇人ぶりを讃え合いながら、スペイン行きについていろいろ相談する。

で試合。
決定機を外しつづけた川崎は自分たちで試合を難しくした。
このままだと(1-0の時点)ワンチャンスで山形も目がある。
1-1になれば山形勝ち。
などと酔っぱらいのメモを見直すと、生意気なことを書いていやがる。

結局ロスタイムに点取った川崎の完勝で、酔っぱらいの言うことは当てにならないということが証明されたわけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/18

95年のチャンピオンシップ第1戦

ヴェルディ川崎Vs横浜マリノス戦を今テレビでやってます。
やってますったって当然あの頃は今って番組なんだけどね。(G+ってケーブルテレビ)
何より驚くのがベルディホームゲームで国立が満員。(笑)こんときゃ人気があったのね。

続きを読む "95年のチャンピオンシップ第1戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/17

やっぱ

deportiv.gif

行くようになんのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/16

東京Vs広島

ここんとこ飲み過ぎててね、今日はよそうと思ってたんですよ。

ま、試合が始まる前に一杯だけはいいかなぁ、なんて思ってたんすけどね。我慢してましたよ、はい。そしたら驚くじゃありませんか、あなた。試合が始まって20分もしないうちにビール飲んでんですね。試合も見ないで、わざわざ上まであがってって。そんでもケリーのヘッダーで先制したんで、良かったなーって喜んだんです。これでこれ以上飲まずにすむなーって。そしたら驚くじゃありませんか、あなた。PK取られちゃって同点ですよ。

こんなんじゃビール飲めって言ってるようなもんじゃありませんか。んで飲みましたよ、はい。生ビール600円ですよ。ったく。こんなんで試合憶えてません。

え!引き分けだったん?へー、負けなくてよかったんじゃねぇの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/15

I Believe In You

え~と、フランク・シナトラがカウント・ベイシーと一緒にやったやつを聴きながら、今日も東海道線で平塚に向かったんである。
I Believe In You フランク・シナトラもこう歌ってるように、今日の勝利を信じて平塚に向かったんである。
往復で2,500円以上かけて平塚に向かったんである。
先制してシーサイドバウンドを歌ったんである。
でも残り10分で逆転負けを目の当たりにしたんである。

【結論】国立に鈴木亜美を見に行けば良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/11

三社祭

asakusa

“週末はおめぇうちくんだろ”と浅草在住のKさん(45才 2人の子持ち)に誘われました。そうです今週はKさんが待ちに待ってたお祭なんです。

Kさんがいうには、担ぐときのリズムは昔は『わっしょい!わっしょい!(1・2.3・4)』の4拍子だったのが、近頃は『そいや!そいや!(1.2)』の2拍子になってテンポアップして、こんだ『せぃ!せぃ!(1.1)』のハイスピードになっちゃって、こんなんじゃ足がもつれていけないねぇと、自分の歳のことは棚にあげて嘆いてました。

わっちは余所者なんで、飛田給でわっしょい!してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/10

東京Vs柏

暇なんで考えてみた。

きのうの試合(もちろん東京Vs柏ね)、東京の調子は相変わらずで、前半など加地の駆け上がった後にできたスペースを相手のFWに使われて、そこを起点に何度か決定的な場面を作られていた。にもかかわらずたまたまセットプレーから先制し前半を折り返すことができた。しかも後半も早い時間に、追加点を上げることができた。柏の選手の気持ちが落ちていったのがはっきり見て取れたし。
この追加点を取った後の残りの時間をどうするのか、選択肢は2つあったと思うんだ。引いて守って時間を潰してってカウンターを狙うか、このまま嵩に掛かって追加点を取りに行くかの2つね。俺はだらだらと時間を潰していくのが好きなんだけど、案の定東京は攻めに出てたね。監督の性格からして予想はできたけど。
東京の出来は今のところあんまり誉められたもんじゃない。にもかかわらず点を取りに前に出ちゃった。3-0にして試合を決めようとしてた。でカウンター喰って失点しちゃった。1点取ったんで死に体の相手が生き返っちゃった。後は見ての通りドタバタが始まって、や~~~っとこさ逃げ切った後味の悪い試合になっちゃった。ロスタイムにね、阿部吉郎がコーナーに向かわずに相手のゴールに向かっていった時には怒りで失神寸前だったぜ。11番は好きな選手の1人なんだけどね。
この試合は静かに2-0で終わらせなきゃいけなかった試合だったんじゃねぇの。まだまだ自分たちで試合をコントロールできねぇてか、んなこたねんだろうけどまだ1点リードしてんのにオタオタしちゃうてか。

もしも最後の相手コーナで決められたりしたら、きっと俺は、救急車で信濃町の慶應病院に担ぎ込まれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/09

第2回 バリボナイト

vollyboo.jpg

5月8日は第2回バリボナイトが開催され、FC東京の選手が4人もやってきて、結構な盛り上がりでしたな。箕輪選手の引退記念ということだったんだけど、最後はもうぐちゃぐちゃで、朝まで飲んでて気がつけば、国立の千駄ヶ谷門の前で寝ちまってました。最近は直接地びたに寝転がっても、何にも気にならなくなっちゃったのが、喜んでいいのか悪いのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/07

バナー

a_me.jpg


作ろうと思ってんだけど、うまくいかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/06

くるくる

kobe.jpg

2004年5月5日

大塚愛?だっけ、口パクじゃねぇかとかいわれてたけど、アウェイゴル裏のメイン寄り最上段に、そのファンと思しき6人組が陣取って、歌に合わせてクルクル踊る踊る。はるばる東京からやってきた俺らはもうそれだけで満足だったのさ。

前節試合開始5分の失点で今日は大丈夫か?ってことでカウントダウンしてました。“3.2.1 パチパチパチ。お~5分頑張った~”と喜んでたら、そっからすぐの失点でどうなのよとあきれ顔でしたな。

んで後半開始に今野祭り発動。同点、勝ち越しといきなりチームトップスコアラーになっちゃって、ゴル裏の人たちはクルクル廻って祝福してたんだ。そう例の大塚愛のファンの真似。でも傍目にはかなり危ないカルト集団だよこれじゃ。

ロスタイム3分もなんとか乗り切って、今期リーグ戦アウェイ初勝利。
浅利も藤山も頑張ったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/04

似てね?

lima

ローマのリマって選手です。ハンチングはず~~~っと、湘南に行っちゃった選手に似てると言い張ってます。どうよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/03

ディポルティボVsレアル

今ディポルティーボとレアル・マドリードの再放送を見ながらこれ書いてます。ありゃ?フィーゴが出てる。

要は試合の運び方のチーム全員の共通理解よね。このくらいのレベルのチームに感じられるのは。あ、2点目入った。今俺たちは何をやんなきゃいけないかてぇのが、みんな解ってるっていうか。

東京をホームタウンにしている某チームの試合見てて感じるのは、今がどういう時間帯かというのにも関係なしに、いつだってボールを奪ったら相手のゴールに向かって一目散という感じでねぇ。そういうチームカラーなんだから仕方ないのかもしれないけど、もう少し相手を賺したり焦らしたりする時間を自分たちで作っていけたらなぁと。なんかレアルやばいね。コンディションダメダメ。

もしもバレンシアが勝ってバルサが勝ったりなんかするとますます面白くなるな、こりゃ。

神戸の天気悪そうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/02

Vs 横浜とか

レフリーがいかに馬鹿でも点取ってりゃ別に問題はなかったはずだよな。
まそんなとこだ今日は。
しっかし わけわかんね。

【結論】 佐川も湘南も負けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/01

『Passion』とかソン・ガンホとか

鞭打ちシーンの描写がリアルで残酷過ぎるとか、ピントのずれている評論もちらほらメディアに流れてきている映画『パッション』、ピアでわざわざリザーブシートを買いこんでやって来たましたよ、ここは新宿『テアトルタイムズスクエアシアター』でございます。キリスト教方面に暗い方には面白い筈ないのに、封切り初日のせいかたくさんの人でしたよ。
ゲッセマネでのイエスの捕縛から磔刑、復活までを描いたもので、登場人物には何の説明もなく、いきなりフラシュバックし、そのエピソードも解っている人にはお馴染みなんだろうけど、知らない人には全くわかんねぇだろうなという映画ですな。
そんなこた置いといて、作品の場景描写がもうリアルでね、文字じゃ解っているのよ、頭ん中では。あのペテロの否認とかね“あんな男は知らない!”ってやつ。大祭司カヤパの中庭で、興奮しきっている群衆の混乱に巻き込まれたとしたら、とてもじゃないが“わが師です”なんて言い出せるわけないよな。フランチェスコ・ハンチングは、涙しましたよ、ここで。

“It is as it was.” John Paul II
ヴァチカンの人が、これを観た後でこういったそうだ。

んで映画館のはしご『殺人の追憶』。ソン・ガンホという役者さんの魅力もこの作品の成功のひとつなんだろうけど、プロットが練り込んであってね、伏線の張り方が巧くてね、ソウルからきた若い刑事が娘に貼ってあげた絆創膏をあそこで見せられるとね、もういけない。観てない人は何だ?と思うでしょ。観る価値あるよこれは。で、最後まで『分からない』なんだ。
何がって?観てのお楽しみさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »