« 湘南Vs大宮 | トップページ | Vs 横浜とか »

2004/05/01

『Passion』とかソン・ガンホとか

鞭打ちシーンの描写がリアルで残酷過ぎるとか、ピントのずれている評論もちらほらメディアに流れてきている映画『パッション』、ピアでわざわざリザーブシートを買いこんでやって来たましたよ、ここは新宿『テアトルタイムズスクエアシアター』でございます。キリスト教方面に暗い方には面白い筈ないのに、封切り初日のせいかたくさんの人でしたよ。
ゲッセマネでのイエスの捕縛から磔刑、復活までを描いたもので、登場人物には何の説明もなく、いきなりフラシュバックし、そのエピソードも解っている人にはお馴染みなんだろうけど、知らない人には全くわかんねぇだろうなという映画ですな。
そんなこた置いといて、作品の場景描写がもうリアルでね、文字じゃ解っているのよ、頭ん中では。あのペテロの否認とかね“あんな男は知らない!”ってやつ。大祭司カヤパの中庭で、興奮しきっている群衆の混乱に巻き込まれたとしたら、とてもじゃないが“わが師です”なんて言い出せるわけないよな。フランチェスコ・ハンチングは、涙しましたよ、ここで。

“It is as it was.” John Paul II
ヴァチカンの人が、これを観た後でこういったそうだ。

んで映画館のはしご『殺人の追憶』。ソン・ガンホという役者さんの魅力もこの作品の成功のひとつなんだろうけど、プロットが練り込んであってね、伏線の張り方が巧くてね、ソウルからきた若い刑事が娘に貼ってあげた絆創膏をあそこで見せられるとね、もういけない。観てない人は何だ?と思うでしょ。観る価値あるよこれは。で、最後まで『分からない』なんだ。
何がって?観てのお楽しみさ。

|

« 湘南Vs大宮 | トップページ | Vs 横浜とか »

うだうだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/521379

この記事へのトラックバック一覧です: 『Passion』とかソン・ガンホとか:

« 湘南Vs大宮 | トップページ | Vs 横浜とか »