« 音の密度 | トップページ | ずっと使ってるんで »

2005/01/31

新しい鍋焼きのかたち

出社して早々『週末、サカーも無いのに声嗄れてンの変じゃん?』とチクリと言われまして、『うるせぇ!バレーの応援だよ!バレーボール!』と思いながら、にっこり微笑み、風邪気味でいけませんねと言っておきました。

2連勝でなんとか昇格の目は残りましたが、まだまだ油断は禁物だろうと思います。
様子はここここに詳しくありますんで、良かったらみてみてください。

んで、みんなで船堀のジョナサンで飯を食いました。

わたくしの貧しい人生経験では、鍋焼きうどんてぇのは、土鍋がグラグラ獰猛に煮立ってやがって、うっかり出汁に口をつけたなら、『ハヒ ハヒ』と悶え苦しむモンだと思ってたんすが。
驚いたことにIさんはつゆをゴクゴク飲めるってンです。ところがバランスを取るためなのか、ご飯のお椀は持っていられないくらいに熱いってンです。

鍋焼きうどんのNew Waveが船堀には生まれているのかもしれないですね。
うどん好きにはお奨めですよ。


|

« 音の密度 | トップページ | ずっと使ってるんで »

バリボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/2755008

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい鍋焼きのかたち:

« 音の密度 | トップページ | ずっと使ってるんで »