« Blue Note | トップページ | 須賀敦子のこと »

2005/01/24

パノニカ

monkいつの日だったか、
東京には珍しく雪が降り積もった日。
モンクを初めて聴いたのがこのレコード。

むちゃくちゃなコード進行。
グギャーンと響く和音。
ゴンゴン鍵盤を叩きつけるようなタッチ。
俺がモンクを聴く前から、
さんざ、いろいろ言われていた。

自分のパトロネスへ捧げた『パノニカ』。
俺のへなちょこな先入観を覆すに十分な曲だった。

モンクはソロが良いって人がたくさんいる。
俺もそう思う。

でも『パノニカ』は
このモンクが俺には良い。

お金と時間に余裕のある物好きには
聴いてもいいかも?

|

« Blue Note | トップページ | 須賀敦子のこと »

Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Blue Note | トップページ | 須賀敦子のこと »