« 誰か読んだ感想を | トップページ | 深川 »

2005/02/14

ペーニャについて考える。遅!

やっとオヒサルみた。

ペーニャの発祥は、1940年代なかばにFCバルセロナにて生まれたといわれています。当時、政治的背景からFCバルセロナが財政面、精神面ともに困窮していた際、クラブを支援することを目的に「社交クラブ兼サポータークラブ」として結成されました。人々は「FCバルセロナを応援する者」として集まり、酒を飲み、禁止されていたカタルーニャ語で話をしたそうです。ペーニャは人々に社交の場を提供したわけです。
 ペーニャは、一部の裕福な人だけではなく、あらゆる社会階層の人々を巻き込んでいったことが大きな特長です。現在、FCバルセロナのペーニャは世界中に1,600以上もあり、それぞれが異なる名前、特長、習慣を持っています。
 ペーニャとは、特定のクラブを応援する人が集い、語らい、クラブを支援するグループのことであり、このグループが集う“場”のことをいいます。

オフィシャルHPより

てかこりゃ、ある程度のファンならおおよそ今までやってきたことなんじゃねいかと思うけど。いちいちクラブが旗振ってやるようなことかいなと疑問に思うけどね。応援してきた奴らが自ら手を挙げての事と、クラブ側がこういう企画があるから皆さん乗って下さいつー事とはちょっと違うような気がするなぁ。この企画の立ち上がった真相は解らないんだけど。まぁクラブの思惑のひとつとして、今までいまひとつ乗れなかった人達の自尊心をくすぐって、後押しをしたいてぇことなんだろうか。ファン層を活性化するという意味では良いんじゃねぇのかな。

でもさ、視点を変えて考えみると、
そ~いう人達が増えるってことは当然、
そ~いう人達が固まってそ~いう人達の意見・要望つ~のが出てくるわけでね。
“いちいちグズグズ面倒臭せぇ!”てのも出て来そうで、ど~なのでしょうか。

わたくしは何も変わらず今まで通りですね。
いちいち堅っ苦しいのがゴメンなだけです。

|

« 誰か読んだ感想を | トップページ | 深川 »

東京」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
ゴール裏の住人には、あまり関係ないかもしれませんね。まぁ、今まで通り仲間で観に行って、試合後に飲み交わすということをしている方々はそれに参加するのも良いかもしれません。
私はいつも通り、試合観て、帰って、テレビ観ますw

投稿: ユウ | 2005/02/14 21:03

>ユウ様
わたしもいつも通りです(笑)

投稿: ハン公 | 2005/02/15 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/2922115

この記事へのトラックバック一覧です: ペーニャについて考える。遅!:

» ぺにゃ。 [キヨログ]
ペーニャだってさ。 仲間集めてお店登録だってさ。 個人的には逆がよかったなぁ。 この店行けば東京っ子がいるよ、みたいな。 そうすればもっと知らない人と東京の話が... [続きを読む]

受信: 2005/02/16 10:17

« 誰か読んだ感想を | トップページ | 深川 »