« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005/06/30

クレージーケンバンド

クレージーケンバンド
『Tiger and Dragon』に関する考察

トンネル抜ければ 海が見えるから
そのままドン突きの三笠公園で 
あの頃みたいに ださいスカジャン着て
おまえ待ってるから 急いで来いよ

俺の話を聞け 5分だけでもいい
貸した金のことなど どうでもいいから

おまえの愛した横須賀の海の
優しさに抱かれて
泣けばいいだろう

俺の、俺の、俺の話を聞け
2分だけでもいい
おまえだけにホントの事を話すから

背中でにらみ合う虎と竜じゃないが
俺の中で俺と俺とが闘う

どす黒くよどんだ横須賀の海に
浮かぶ月みたいな電気クラゲよ

【横山剣】

物語は主人公の『俺』が『おまえ』を呼び出すところから始まります。
2人の関係は嘗ては親密な関係だったのでしょう。
“あの頃みたいに”というphraseから推測出来ますよね。
でも今の2人には、微妙な心理的なズレがあるはずです。
“俺の話を聞け 5分だけでもいい 貸した金のことなど どうでもいいから”というphraseですね。
主人公は『おまえ』に対して心理的な負い目を感じているようです。
じゃなきゃ貸した金など、どうでもいいからなんてこた言いませんね。
必死さを感じます。

『おまえ』の過去に主人公もしくは主人公の属するグループから離れなければならなかった、何か事件があったのでしょう。
原因は『おまえ』にあったのかもしれませんが、この必死さを見ると主人公にも関わりがあるようです。
辛いんなら帰っておいでよというphraseで1コーラス目が終わります。

2コーラス目に入って話は急展開します。
引き止めにもかかわらず『おまえ』は『俺』から離れていこうとしています。 
“俺の事なんか放っといてくれよ!”みたいな会話があったかもしれません。
主人公は、2分、たったの2分の時間も無いのかと引き止めます。
おまえだけに本当のことを話すからとも言っています。
必死さを通り越してもはや哀願といっても良いでしょう。
これはどうやら主人公にも、この件での深い関わりがあったみたいです。

さて話の決着はついたのでしょうか?
そもそも2人の間には何があったのでしょうか。
興味は尽きません。

しかし物語は主人公の内面描写に続き、横須賀の海の描写で幕を閉じます。

横須賀の海は何事もなかったかのように、
波の数だけのさまざまな人生を見守っていくことになるのでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/28

暑中お見舞い申し上げます。

ここんとこのわたくしのTopicといたしましてはね、

1.長新太がしんだ。
2.読み捨てにしといた本を、今日地下鉄で読んでみたら案外いけた。
3.暑さにやられて夜は冷やしたうどんしか食ってない。

つーことですかね。

続きを読む "暑中お見舞い申し上げます。"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/06/27

NO COUNT SARAH

sarah

サラ・ヴォーンという歌姫がいましたよ。
タイトル『NO COUNT SARAH』の通り御大は参加してませんが、
楽団自体のパフォーマンスは変わりません。
サラとカウント・ベイシー楽団との相性はとても良いと言われてましてね。


そんじゃ聞いてみましょうか。

darn that dream I dream each night
You say you Love me and you hold me tight
But when I awake,you're out of sight
Oh darn,darn that dream

毎晩あんたの夢を見んのさ。コン畜生。
愛してるって言ってくれるし、抱きしめてくれんのさ。
でも目覚めたらあんたは、もういない。
まったく!やな夢さ。

ほんとうにスイスイ気持ちよさそうに歌ってますねぇ。
聞いているこっちも良い気持ちにしてくれます。

お金がたっぷり余ってる人は聞いてみるのも良いかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/26

バレボ@蓮田

FC東京と冠されたチームが勝利したっつーのを見たのは久しぶりでしたね。
最後に勝ったのを見たのはいつのことだったでしょうか?

相手が2軍だか3軍だかってことは全く関係ありませんね。
V1リーグのチームがVリーグのチームを破ったという事実は記録に残るんでね、
とても気分が良かったですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/22

ゆで卵が

テーブルの上に乗っかってますよ。

”ロスタイムは3分の表示”

延長に備え、腹ごしらえで卵茹でて喰べようと思ったんです。
台所から戻ったら、あなた驚きましたよ。

モロッコの奴がピッチに転げまわっておりました。

卵2個茹でたんですけどね、まだテーブルの上に残ってます。
鱈レバは言いませんよ。食べるのは好きですけどね。

99%優位に立っていたとしても絶対的な『個』の力に対しては、
残りの1%の部分でやられてしまう場合があると言うのでしょうか、
オランダの7番やらモロッコの点取った奴やらみてると、
これがサカーの魅力なのでありましょうか。

やられた側からすりゃなんともやりきれない悔しさを噛みしめる、
これもサカーの魅力なのでありましょう。

梶山って、ピッチに立っていても気持ちが表に出ないタイプだと思ってましたが、
今日の試合はガチガチいってましたね。
相手のカウンター阻止で思い切り体ぶつけてました。
黄紙もらっちゃいましたけどね。

一皮剥けて大人になったんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/21

書物復権

版元8社

岩波書店
紀伊國屋書店
勁草書房
東京大学出版会
白水社
法政大学出版局
みすず書房
未來社

による

書物復権ってのを毎年やってましてね、

こんなかの未来社の日本詩華集てのを買いました。

万葉集から現代までの日本の詩歌を集めたものですね。
初学の者にはもってこいの本です。

与謝野晶子の『みだれ髪』なんざ
こういう機会でもないと、読みませんからね。

晶子ちゃん艶めかしい作品を作ってたのね。


本屋のまわし者ではありませんのでね、誤解の無いようにね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/20

なんだかな

正蔵も小さんも長男坊が看板背負ちゃって、
芸の世界も世襲なの?って思っちゃう。

まぁ、地位が人を変えるって言葉もあるし、
20年もすりゃ大看板になってくだろうな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/06/15

Presence

ZEP
LED ZEPPELIN ”Presence”
入ってる曲全部カコイイです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/13

ナビスコ 対 千葉とか

同じ相手に3回も続けて負けてしまう東京って素敵だと思いました。

バンコクの疑似体験ってことで、ちょっと遊んでみました。

Bobがビックリドンキーで300gのチーズディッシュのご飯大盛りを食べた後に、ナンカレーを食ってました。跳ねてたらハンバーグとカレーが胃の中で攪拌されて気持ち悪いと言ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

え~

ただいまスカーフの綴りがおかしいと、ここの人からメルいただきました。

ありがとうございました。訂正しておきました。

ひひひ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/05

ナビスコ 対 柏とか

scaho

Uさんがオリジナルで制作したスカーフです。
物欲しそうな顔をしていたら、自分にも分けてくれることになりました。
ありがとうございます。大事にします。

LOVE TOKYOのじゃきさんに大分のお土産をいただきました。

試合は
負けませんでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/03

patriotismとnationalism

patriotismとnationalismとい言う言葉の意味について
ジョージ・オーウェルがこう考えていたよってのが、
みすず書房の月刊誌『みすず』5月号に載ってます。

どっちも愛国心って意味を含みますけど、
意味あいはnationalismのがちょいと強めかしら。

「特定の場所と特定の生活様式こそ世界一だと信じているが、それを他人まで押しつけようとは考えないもの」という意味をふくむ言葉が【patriotism】、これに対立するもので「自己欺瞞をふくむ権力願望」という意味をふくむ言葉が【nationalism】
【みすず 2005年5月号 長田弘 敗者のパトリオティズム 46頁】

ということらしいです。

今朝、地下鉄で流し読みしていましたら、ここんとこが妙に引っ掛かりましてね。

特定の対象物への想いは、想う人の分だけ多種多様なわけでしてね、「特定の場所と特定の生活様式こそ世界一だと信じているが、それを他人まで押しつけようとは考えないもの」てぇのが綺麗で粋なんじゃねぇのと思うのが、この頃のわたくしなのであります。

オーウェルの結論から言えば、近代はpatriotismがnationalismに回収されつづけてきたという歴史だということでしてね、minorityへ向かってばく進中なわたくしですね。


話変わるけど、

今日勝つかな。
明日勝つかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »