« 五浦ハム | トップページ | Vs 千葉とか »

2005/11/16

東海林さだお

ブックオフの文庫本100円の棚にあった「ナマズの丸かじり」の57頁に、
”トンカツの切り身一片一片になすりつける”ってありましてね、
何を?って、辛子ですよ。英語でゆ~とmustard。

ここであたしゃ、あれ?って思いましてね。
あたしの流儀だと、皿にこんもりと辛子のっけてね、
囓ったカツの断片を、そのこんもりにピタピタつけてね、
そんでまた食すと、生まれてこのかたずっとこうやってたわけでして、はい。

実際世間様はいかがなものかと、
どうでもまぁくだらないことを
ぼ~ぅっと考えておりましたよ。

あややの『君が代』可愛かったですね。

|

« 五浦ハム | トップページ | Vs 千葉とか »

うだうだ」カテゴリの記事

コメント

辛子なんざ、付けませぬ。

投稿: acca | 2005/11/17 01:11

いかんなぁ~。
実にいかん。

人生における3大いかんのうちのひとつですよ、そりゃ。

でもあとの2つは知らない(笑)。

投稿: ハン | 2005/11/17 08:19

トンカツ,メンチカツ,おでん,ウィンナー,その他何でも東海林さだお流でございます.

投稿: Bob from Hatena | 2005/11/17 09:55

>Bob from Hatena  さん

東海林さだおの丸かじりシリーズは、相当に毒を含んでいること書いてあるはずなんだけど、文章力がそれを消しているといいますか。
不思議ですよね。

取り上げられた食材を食べたくなってしまったなんての、1度や2度じゃありませんもの。

つーか今日トンカツだったし(笑)。

投稿: ハン | 2005/11/17 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/7150201

この記事へのトラックバック一覧です: 東海林さだお:

« 五浦ハム | トップページ | Vs 千葉とか »