« 対 清水とか | トップページ | 対 京都とか »

2006/03/22

対 川崎とか

えー今年初のアウエイでございました。

中盤の構成が違ってました。

茂庭とジャーンの前方のスペース、バイタルエリアと呼ばれているゾーンですね。ここに伊野波が構えているという図は開幕戦からずっと変わらずでしたが、ただね、ここに進入してきた#10を最後まで徹底的に1on1でマークしていくってことをやっていました。サイドに流れようが、自分のゴール前だろうが徹底してくっついていくということをやっていましたよ。大熊東京、原東京と見てきたわけですが、これほど相手に徹底マークを付けたってのはあまり記憶にございません。ガーロはこんなこともやる人なのねと感心していました。伊野波がサイドに引っ張られて空いたスペースのカバーも、今野がきちんとさりげな~くやってましたし。

 相手ボールにチャレンジを始めるエリアが前目になってたつーか、去年とあまり変りなかったんじゃないですか?東京の良さはこの相手ボールのチェイスなんでね、選手もようやっとふっきれたんじゃないでしょうか。

ただノリオがね出てった後、自分のポジションへの戻りがちょっと遅いような気がしてね、狙われたら困るなとは感じておりました。

増嶋を出したのは、この試合は守りきるというガーロのメッセージなんだし、替えたから同点にされたってのも、なんだか増嶋に気の毒で、あれはスーパーな川崎のゴールを褒めるべきなんだし、起点を自陣のゴール近くに作らせた事の方を危惧しなきゃいけなかったんだと思いますよ。なにがナンでもバッシングつーのも野暮っちくていけないなと思います。

コンディションは悪くないと思います。

点取ったのが縦1本で抜け出たつーのがね、気にはなりますけどね。
遅攻から崩して点取ったのがまだ1点も無いのがね。

|

« 対 清水とか | トップページ | 対 京都とか »

東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/9201215

この記事へのトラックバック一覧です: 対 川崎とか:

« 対 清水とか | トップページ | 対 京都とか »