« 対 浦和 ナビスコとか | トップページ | Happy Birthday »

2006/04/10

対 磐田とか

J1へ昇格してより東京にとって磐田は、正面から向かっていっては常に弾き返されてしまう、どうにもひとつ上の次元にいるチームのようだった。やられるたびに俺たちは、やるせない思いを噛みしめながらスタジアムから引き上げていったものだった。

当時を知る者からすれば、今日のアウエイチームはあの頃の強さの微塵も感じられない、怖さも凄みも狡さもない、全く別の、平凡なチームに成り果ていた。東京が強くなったと勘違いしていいのかもしれないが、今日の磐田の様を目の当たりにするとそれはそれで淋しくもあった。

試合は、
いつかはゴールを決める筈のルーカスが右足で2点も決めてみせ、流れるような第3の動き出しで今野が、傷の癒えた左足で川口とDFラインの隙間に流し込めば、栗沢が勇気のある飛び込みで3点目を決めてみせた。

浮き世の義理で横浜に行けなくて、東京の出来が心配だったんだけど、今日のパフォーマンスを維持して行ければ、未来は明るいんじゃないかなと、SS席で飲み過ぎたわたくしは酩酊しておりましたよ。

|

« 対 浦和 ナビスコとか | トップページ | Happy Birthday »

東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/9517462

この記事へのトラックバック一覧です: 対 磐田とか:

« 対 浦和 ナビスコとか | トップページ | Happy Birthday »