« 対 名古屋とか | トップページ | 対 大宮とか »

2006/05/04

対 甲府とか

今年すべての試合を目撃しているBobと共に中央道の渋滞もなんのその、
甲府へ向かったのである。

前半の前半、猛烈に押し込むアウエイチームはなかなか得点出来ずにいた。
このままでは流れは当然ホームチームに移っていく。
中央からサイドに捌かれ、中央で1人が潰れ、余った1人に冷静に流し込まれた。
美しいホームチームの得点であった。

負けているときのガーロは、動くのが早い。後半頭からリチェーリ投入。これが効いた。
川口とリチェーリの両翼は、相手の両サイドの裏を厭くことなく何度でも突いていった。
相手の中盤が間延びして、ようやく支配できるようになった頃、川口が自分達のTifosiへ向かって同点ゴルを決めてみせた。自分の仕事を黙々と続けてきた男への最高の報酬だった。

そしてクライマックスは、ブラジル人FWでいちばん守備をすると原博実に言わしめたルーカスの2得点であった。2得点目など、最近の試合で結果を出し続けることによって得た、心の余裕を感じさせるものだった。

小澤が右足のアウトサイドでリチェーリに出したパスに俺は痺れた。
最近デフォルトになってる茂庭の相手ゴール前への突進に拍手を贈った。
宮沢のこの試合に賭ける思いに胸を打たれた。
ふらふらになりながら1対1を闘ったノリオの頑張りに込み上げてくるものがあった。
ジャーンと徳永の安定した守備を俺は頼もしく思った。
今野は相変わらず闘っていた。梶山も赤嶺も闘っていた。
土肥にはただただ脱帽した。

勝って嬉しい。
嬉しいとき俺は、ベタベタと褒めそやす。

|

« 対 名古屋とか | トップページ | 対 大宮とか »

Bob」カテゴリの記事

東京2006」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
>小澤が右足のアウトサイドでリチェーリに出したパスに俺は痺れた。

まったく同じこと書きました(笑)
オレもあれには痺れました。
熱いハートだけでなく、テクニックでも痺れさせてくれますね、リュウキ君。
3連勝ありますね、これは。

投稿: にわか道 | 2006/05/04 15:57

こんにちは

ダイレクトボレーも凄かったです。(笑)

>連勝ありますね、これは。

そうあって欲しいと思います。

投稿: ハン | 2006/05/05 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/9894572

この記事へのトラックバック一覧です: 対 甲府とか:

« 対 名古屋とか | トップページ | 対 大宮とか »