« 対 福岡 ナビスコとか | トップページ | 夏の夜は »

2006/05/22

君は玄界灘に怪しい電波を感じたか 特別編

Kan1_1

到着ロビーでは甲府の漢がお出迎えをしてくれていた。
福岡空港からチェックインもそこそこに、わたくしたちが目指した所は2001年にNさん・Sさんらが”ここに並んでいる串を全部焼いてください”という大人買い伝説を残した、天神の焼鳥屋『I』なのであった。

予選敗退も決まっていたしさ、旅の目的はてぇと福岡を楽しもってことになるんでしょ。思えばこの店に入ったあたりから怪しい電波がわたくしたちを浸食してたんですね。

6月10日にドイツへ旅立つというバキトさんは、隣に座っていた24歳のOLさんをナンパすることに余念が無かった。結果はね、あすこにいた人だけのお楽しみって事なんだけどね、どうしても知りたかったらスタジアムであたしを見つけてくださいな。

佐世保やら岩国やら米軍基地からやってきた奴らもいて、なぜだかそのひとりが帰り際に、俺たちに1,000円を渡そうとしてきた。受け取ってはいないんだけど、ありゃなんだったんだろ?つーかバキトさんが“No thank You!”って英語でカッコ良かったです。
Kan2_1

店を出てそれぞれの思いを胸に、屋台へ向かった人もいれば、タクシーに乗り込んで中州の街へ消えていった人もいたし、怪しくも楽しい博多の夜は更けていくのでありました。

烏かぁで夜が明けて、甲府の漢とSさんとあたくしは前日のテレビ”でぶや”でみた、一口餃子の店に行ったのです。帰ろうとしたらなんとLove Tokyoのジャキさんがおひとりでふらりと入店されてきました。お顔を拝見するとかなり博多の街にやられ気味でした。

『やっぱりさぁ、東京に支店を出してない店で食べないと博多で食べる意味無いよね』なんて、いい気なわたくしたちが、東京にも支店があるのを知ったのは店の名刺を覗いた時でした。玄界灘の怪しい電波はここでも暗躍していたのですね。
Kan3

んで試合。
遠いアウエイって楽しい。
どうしてだか解らないけれど楽しい。
来てみりゃわかる。
理屈じゃない。

年々こういうの無くなるけど、
Old fashionedだって思われるんだけど、
こういうアウエイって無くなって欲しくない。

|

« 対 福岡 ナビスコとか | トップページ | 夏の夜は »

東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/10186009

この記事へのトラックバック一覧です: 君は玄界灘に怪しい電波を感じたか 特別編:

« 対 福岡 ナビスコとか | トップページ | 夏の夜は »