« 闇を讃えて | トップページ | こないだの »

2006/08/13

対 浦和とか

わが声を神に向け、私は泣き叫ぼう。
わが声を神に向け、かれが私にお聴きになるように。
わが苦難の日に私はわが主を求め、
わが手は夜も差し伸べられて萎えず、
わが魂は励まされることをこばむ。
私は思い起こそう、神を。そしてうめこう、
思いに沈もう、わが霊がおとろえ果てるまで。

あなたがわが目の瞼をつかみ、
私は思い乱れ、語ることもできない。【詩編77】


今日はひどい二日酔いである。

|

« 闇を讃えて | トップページ | こないだの »

東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/11410889

この記事へのトラックバック一覧です: 対 浦和とか:

« 闇を讃えて | トップページ | こないだの »