« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/25

対 鹿島とか

季節はもはや秋である。
どこまでも澄み渡る空。
車に乗り込む男4人女1人。
気分はすっかり遠足気分なのであった。

スタジアムに続く道路に沿って屋台村がありますね。その中の1軒の紀州備長炭使用、焼き鳥専門店『とりちゅう』に、わたくしたちは腰を落ち着けたわけなのです。《社長宣伝しといたよ。》

年配の方3人、お若いご夫婦計5人連れの鹿島ファンの方々とお近づきになりまして、いろいろお話を聞かせていただく機会に巡り会いました。印象に残りましたのは、チームのハートは誰ですかとの問いに、すかさず岩政とほとんどの方が答えていただいたことでしょうか。愛されているんですな。
そのほかにもねイタリアから帰ってきた#13についてのキビシイ意見やら、イタリアに渡ってった選手なんか、日本語すらろくに喋れもしないのにイタリア語なんて喋ることできるわけないだろうやら、うちのブラジル人は全く役に立っていないのでルーカスくれやら、チームの観客動員の減少をいろいろ言われているアントラーズですけどね、しっかりと地元の人達に愛され、深く根付いていることがわかりましたよ。特定の番号を追いかける浮動層がいなくなっても、こういう地元の方がいればチームは安心なんでしょうね。

試合開始1時間前にはスタジアムに入るというこの方々と別れ、ぼちぼち試合。

地元の方々にダメ出しされていたブラジル人に、3点くって負けました。ははは。

●●●●●

すげぇな。

あ!そうだ。
あたしがアウエイに行くときは大抵Bobと一緒なんですがね、この日は違ってたんですよ。なんか変だなと思わない?間際まで連絡ねぇからおかしいなとは思ってたんですよ。

助手席に女の子が乗ってました。

Bobは連敗脱出です。おめでとう。パチパチパチ!

次は

勝て!勝て!勝て!勝て!ホームやぞ!

吹田をパクってみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/19

雑感

自分たちの側に正義があって、対極をすべて否定するかのような考え方は少し危険な考え方だと思う。議論というものは、ある問題に沿って双方の主張を並べ、相違点を考えあうものだと思うのだが。

東京系BBSを覗いたり、いろいろな方のBlogを拝見して、怖くなった。自分達と反対の意見に対して、あまりにも感情的な書き込みや、もはや???といった書き込みが多い様な気がするけど。ある事象に対して、感じ方や考え方は人それぞれなんだと思うが、如何なものだろか?
それともまだそういう訓練を受けていらっしゃらない方々ばかりなのだろうか?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/18

対 京都とか

ある東京ファンの記録。(もちろん俺じゃないよ)

● 品川から新幹線に乗り込むも、
  自由席が満席で京都までトイレの前で立たされる。


● 西京極で自分の応援するチームが負けるのを、
  ゴル裏で目の当たりにする。

△ 京都市内で、とりえず酒を飲む。

○ 2006年9月16日20:30 突然新潟に行こうと思い立つ。
  調べてみると、京都駅00:02分発の急行『きたぐに』という電車があるのを発見する。

○ 安心してまた酒を飲む。
  ラーメン屋さんでゆで卵2個まで食べてイイといわれ気をよくする。

● ボックスシート4人掛けに、男4人で座る。眠れず。

△ 新潟駅前のロイホに入る。
  モーニングメニューからランチメニューに変わるまでドリンクバーで粘る。

○ 腹が減ったのでタレカツ丼の店でカツ丼を食う。

△ 魚屋で買った、ハラコの醤油漬け・マグロぶつ・おつまみセットを
  新潟陸上競技場で食す。

○ 平山を見る。
  戸田のスゴイトラップに感動する。
  塩田の声が大きくて驚く。
  チームが勝つ。

4勝3敗3分という白星先行で、遠征を終える。


*訂正 『北国』は本当は『きたぐに』ということで、訂正いたしました。

ご教示有難うございました。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/14

こらこら!

佐川東京と佐川大阪のチーム統合について


 日本フットボールリーグ(JFL)所属の佐川急便東京SCと佐川急便大阪SCが、今季終了後2チームを統合し、チーム名称を「佐川急便SC」として、チーム所在地を滋賀県に移し第9回日本フットボールリーグ(2007)より活動していく事について申し出がありました。本リーグでは、評議員会を開催し本件について承認しましたのでお知らせいたします。
 なお、これに伴い今季終了後に行われる予定のJFL下位チームと全国地域リーグ決勝大会の上位チームとの入替戦については、全国地域リーグ決勝大会1位チームは自動昇格とし、2位チームはJFL18位チームと入替戦を行います。また、Jリーグ加盟を目指しているロッソ熊本のJリーグ加盟が承認された場合は、全国地域リーグ決勝大会2位チームも自動昇格とすることを決定しました。

豊島総務主事のコメント
「企業チームとしての宿命とはいえ、これまでリーグを支えていただいたチームがなくなくなるのは残念だ。既に所在地の東京都、大阪府、移転先の滋賀県サッカー協会には了承をもらっているとのこと。今回の主旨は、より強いチーム作りとより良い成績を目指しての発展的理由なので救われる。新チームの、新天地での今後の活躍に期待したい。」

続きを読む "こらこら!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/11

平山とか

Hirayama
う~ん

やっぱ おり としてはね、

”たいらか”

よっか

”ゆたか”

に心惹かれるわけでね。

Yutayayama

より

なわけで。


なにをゆ~とるのだ おりは。

つ~わけで 

がんばらんといかんよ。

平山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

対 甲府とか

選手カードを貰うために並んでた時でしたかね、
今日はジャーンだよって、5才くらいの僕ちゃんがお父さんに向かって嬉しそうに駆け寄ってきました。
この子にとっては、スタジアムに来ることがもうそれだけで嬉しいんですね。
そんな光景にわたしは、今日は勝ってこの子をガッカリさせんな東京なんて思ってました。

サンバのお姉さん可愛かったじゃないですか!
ここの時点が昨日の味の素スタジアムでのわたくしの精神が最も高揚したポイントでありましたよ。

ペナルティエリア付近でボール持ったら、
第一選択はシュートなのではありませんか?と素人は書いてみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/06

同日同刻

同日同刻

同日同刻


山田風太郎


ちくま文庫

私は当時の敵味方の指導者、将軍、兵、民衆の姿を、真実ないし真実と思われる記録だけをもって再現して見たい。しかも、同日、できれば同刻の出来事を対照することによって、戦争の悲劇、運命の怖ろしさ、人間の愚かしさはいっそう明らかに浮かびあがるのではなかろうか、と考えた。【まえがき】


あの戦争は何であったのか、得心する答えを用意できないでいる人に。

続きを読む "同日同刻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »