« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/29

対 大宮とか

今年2度目の駒場である。

良い思い出とそうでもない思い出が綯い交となる駒場である。
去年は宮沢の左足が、今年は今野のヘッダーが良い思い出となった。

ひとつひとつが俺たちの思い出になる。
良いことも悪いことも、
ひとつひとつが思い出となる。

これからも今までも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/27

唐突ですが

青赤まにあっくす
blog★ハリボー
東京青赤支店

東京系blogでは、この人たちの目線が好き。

更新頻度をちょいあげてくれたらもっと好き。

ははは。

気になるなら自分でさがせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

遅まきながらクラシコとか

シーズンすべての試合をここまで気を入れたら絶対持たないんだろうけど、
クラシコともなると気持ちも昂ぶるのはやっぱ当然か。

局地戦での見応えは十分でしたねぇ。

シシーニョVsラウール
メッシVsロベルト・カルロス
ロナウジーニョVsエメルソン
グティVsイニエスタ
ファン・ニステルローイVsテュラム

全スペインが観てんだもんな。
腰の抜けたプレイなんかできないんだろうね。

ホームチームはイタリアっぽくってね、
カウンターばっかりでつまんねぇ。

とは言え2点目のカウンターは凄かった。
堀池だったら巧!って言うよ、きっと。

マドリーが勝ったからBoo起きなかったけどね、
バルサがカンプノウであんな試合やったら、
たとえ勝ってもBoo起こったんじゃねぇかな。

グジョンセンが決めていれば!!!って場面が結構あったんで、
カタランの人達は歯ぎしりしながらみてたんじゃねぇの。

あと
ロビーニョやらメッシやら活きのいいアタッカー大好き。

エメルソンはマフィアのボスみたいな顔してメッシを削ってた。
ロナウジーニョには手を使ってた。(笑)

くだらない感想でスマソ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/23

対 ガンバ大阪とか

una tifosa

今野。
おまいが相手GKをかわし、
左足のインサイドで丁寧に相手ゴールにボールを流し込んだ時から、
きっと今シーズンのBestBoutを争うはずの、逆転劇は始まったよ。
よくもあれだけの長い距離を走ったね。

お帰りノリオ。
大きな怪我から良く戻ってきてくれたね。
おまいの左足はすごかったよ。
左サイドネットが揺れたとき、俺は泣いちゃったじゃねぇか。
そしてあの決勝ゴールをアシストしたクロス。
原博実に言われ続けてた、シュートを狙う感覚ってやつで蹴ったんだろ。

そして石川。
冷静によく決めてくれたね。
名古屋でもそうだったけど、
サポーターの為にっていつもおまいは言ってくれるけど、
俺らが応援するのは当たり前のことじゃねぇか。
いつまでも応援するよ。

勝ってうれしい。
このために俺は、スタジアムに足を運んでる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/21

Are you lonesome tonight?

Elvis_1


Are you lonesome tonight?
Do you miss me tonight?
Are you sorry we drifted apart?
Dose your memory stray
To a bright summer day
When I kissed you and called you sweetheart?
Do the chairs in your parlor
Seem empty and bare?
Do you gaze at your doorstep
And picture me there?

Is your heart filled with pain
Shall I come back again?
Tell me dear, are you lonesome tonight?


今夜はひとりでいるの?
俺がいなくてさみしい?
別れたことに後悔してる?

帰ってもいいよ
つらいんなら
教えて
今夜はひとり?


言葉とは裏腹に、
別れた彼女への逢いたくてたまらない想いを、切々と歌います。

1960年4月 軍隊から除隊してすぐの録音ですね。
My Favorite Song の中の1曲です。

わたくしが、エルビス・プレスリーファンクラブの会員であることは
ここだけの秘密だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

え~

きのう 広島空港で飲んだ辛口の名前を忘れたとほざいておりましたら、
東京のUna Tifosa からメルいただきまして、はい。

判明いたしました。
中尾醸造株式会社の誠鏡 超辛口という奴でした。パチパチパチ。

広島特産米の新千本(しんせんぼん)で造った当蔵で一番端麗な辛口酒です。

冷やすとキレが冴えわたり、お燗では辛口を感じさせない、ふくよかで柔らかなお酒となります。
また、料理との相性も抜群です。

原料米の新千本(しんせんぼん)は、ねばり強いので高度精米でも割れが少なく、雑味の原因となるタンパク質も少ない広島を代表するお米です。

ということです。

人肌の燗で好きな女としっぽりてぇのも悪くねぇな。

というわけでお取り寄せしましたよ。

現実から目を逸らそうとしてるかのような、とっても単純なわたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/16

対 広島とか

負けたら負けたで酒飲むし、
勝ったら勝ったで酒飲むし、

アウエイに行ったら行ったで酒飲むし、
移動のバスの中でも酒飲むし、
試合開始前でも酒飲むし、
試合中でも酒飲むし、
ハーフタイムでも酒飲むし、

飲んで酔っぱらってすべてを忘れ、
輝ける未来に目を向けようと誓った、
ただいまアル中一直線のわたしが

広島から帰ってきましたよ!

空港で飲んださっぱりした辛口が美味かったのである。
がしかし、名前は既に忘れてしまったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

今後、浮上してくるであろう文言の推定

なぜ岡山?

なぜ熊本?

サッカー協会は何を考えている!


『天皇杯にブーたれる言葉に注目する委員会』


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/08

対 名古屋とか

負けたら負けたで酒のむし、勝ったら勝ったで酒飲むし。

17時から2時まで酒飲んでましたよ。

どこでって?

中区錦町という綺麗なお姉ちゃんがたくさんいるところです!

夜のアウエイにも勝利しましたよ!(嘘)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

きのう

播戸はSoulfulで、

今野はSpiritualな選手だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/03

小鍋だて

池波正太郎作品に登場する料理で、喰いてぇ~と思うのに”小鍋だて”があります。

 梅安は、鍋へ、うす味の出汁を張って焜炉にかけ、これを膳の傍へ運んだ。  大皿へ、大根を千六本に刻んだものが山盛りになってい、浅蜊のむきみもたっぷりと用意してある。  出汁が煮え立った鍋の中へ、梅安は手づかみで大根を入れ、浅蜊を入れた。千切りの大根は、すぐ煮える。煮えるそばから、これを小鉢に取り、粉山椒をふりかけ、出汁と共にふうふういいながら食べるのである。  このとき、酒は冷やのまま、湯飲み茶わんで飲むのが梅安の好みだ。

梅安最合傘

続きを読む "小鍋だて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/01

対 新潟とか

試合後 10人くらいで飲みました。

えー飲みました。

どうせ並べんなら

●●●●●●●●●●

このくらいでなくっちゃいけない。

帰りの電車で某村林氏を発見し、
みんなで絡んだのは言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »