« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/24

百合の聖母

Gaetano Previati『Gaetano Previati/Madonna dei gili 1893-1894』
【Electa,milano/Gaetano Previati 1852-1920より】

良いクリスマスをお迎えくださいますようお祈り申し上げます。
良い年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。

お世話になった皆様へ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/13

誰か教えて!

これは下部リーグにも適用されるの?


バレーボールの普及と強化、リーグの活性化のための要素として、「競技力の向上」「体制の強化」と、もう一つ重要なのが、『観客の興味』である。
これまで前二者の取り組みを強く推進してきたが、2006/07大会よりVリーグ機構は三つ目の施策として、『標準化されたクオリティーの高い試合運営』を目指すべく取り組みを開始することにした。


その狙いを整理すると、次のとおりである。

【目的】
1)人気の有無、試合結果の如何に関わらず、バレーボールを全ての来場者が楽しめる空間を創出する。
2)来場者が、再度会場に足を運びたくなるような印象を強く与える。
3)子供からお年寄りまで、全ての方が楽しめる環境を作り、ファン層をより一層拡大させる。

3年前から開始したホームゲームにおける各種のイベントや2~3年前からのファイナルイベントなどの実績やノウハウを、全国各地の大会にも展開していこうとするものである。


ライブラリーの内容は、次のようなものからなっている。

【イベントライブラリーの種類】
1)観客入場前イベント (ウェルカムイベント)
2)プロトコール時イベント (プロトコールイベント)
3)試合中イベント (オンゲームイベント)
4)試合終了後イベント       (アフターマッチイベント)

このイベントライブラリーの有効活用によって、全国の開催地が、例年以上に盛り上がることを期待している。
今年のファイナルは、男女とも「さいたまスーパーアリーナ」で行なう。Vリーグ機構としても、40回記念大会にふさわしい盛り上げを計画中である。ご期待を乞う。




1)観客入場前イベント (ウェルカムイベント)

俺たちが歌うから、それがイベント。

2)プロトコール時イベント (プロトコールイベント)

俺たちが歌うから、それがイベント。

3)試合中イベント (オンゲームイベント)

俺たちが歌うから、それがイベント。

4)試合終了後イベント(アフターマッチイベント)

俺たちが歌うから、それがイベント。




てかこんな押しつけ、いらなくね?


こちらはこちらで、好きにやりてぇな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/11

天皇杯 対 清水とか

こちら側のネットが揺れたのはただの一度きり。
あとはすべて雨の煙る向こう側での出来事だった。

延長後半、PKの文字がスタジアムを過ぎり始めた頃、
クリアボールを拾った清水の選手の右足は、
遠目から見ても悲しいくらいに水煙を上げながら、
東京のゴールネットを揺らした。

その刹那ピッチに倒れ込む東京の選手がいた。
俺はそれが哀しかった。
終了の笛が鳴るまで闘う。
それこそが、文丈が東京にもたらしたハートだった筈だ。

試合が終わり、俺たちに挨拶に来たときに泣き崩れていた増嶋よ。
その時お前を支えてくれていた文丈は、もういなくなるんだぜ。
将来、東京の、いや日本のリーダーになっていくんだろ。

泣くんならロッカーで泣いとくれ。
こういう時は痩せ我慢をするもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/08

へそ曲がり の2

倉又寿雄はまだ監督なんだし、

文丈とはまだサヨナラなんかしたくないし、

公式戦はまだ残ってるんだし、

今年はお疲れサンな空気が、

ファンの間に流れているとかいないとか。

ホーム最終節で流した
あの涙は、なんだったんだろう。


(*FC東京詩集より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/04

ちょっと早いけどバリボのこととか

いつかは誰かがまとめてくれるだろうと思ってました。

こちらの素晴らしいお仕事に感謝です。

不精者の旅の参考にさせていただきます。むははは。

去年もそうだったけどさ、
でかいザック背負って、カート引っ張って、変な旗持って、
そこらをウロウロする図ってぇのはさ、
ホント、ドサ廻ってる売れない旅芸人って感じでさ、
旅の哀愁なのですよ。

ざっと見てみると岩手がキビシイのかな。

寒さが。(←そっちかい!)

ある意味M気全開のバリボシーズンが、
こちらのスキを窺っているわけでございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/03

対 大分とか

中洲優勝と降格と昇格と

そしてジャーンにさよなら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »