« バリボ 長野シリーズ | トップページ | バリボ 江戸川シリーズ »

2007/01/22

バリボ 岩手シリーズ

つくばと警視庁とは東北の地での戦いである。
いがらしみきお風味で言えばとーほぐである。

おっお!俺のとっきょ!今日も行こうぜ勝利めざしっ!
会場まで歩いて10分という地元情報を信じ、わたくしの出足は頗る良かったのである。ただし、たまたま電車が同じな警視庁チームの人達の”えっ!歩くんですか?”という疑問形が心に引っかかりはしてはいた。

この日我々を出迎えたのは、とーほぐの地にはあるまじき陽気であった。去年の秋田でボコボコにされた苦い経験を踏まえ、十分な耐寒装備をしてきたわたくしに、とーほぐの陽気は容赦は無かったのである。そのうちに頭はぼーっとしてきて、先頭からは100m以上離され、もしも途中コンビニでビールの差し入れが無かったら、そのまま倒れ込む危機的状況に晒されていたのであった。ひーひー言いながらやっとこさ会場到着。

対戦相手のつくばは初顔見せである。
肝心な場面でのミスが勝敗を分けた。
V1の大年増相手に、焦っちゃ勝ち目は無ぇな。
選手もうぶなだけに、我々にもいちいいち反応するのでやってて楽しかったのである。

2日めの警視庁戦。
コンディショニングに失敗したのか、警視庁の動きは全く重く3-0の完勝であった。

“みなさんFC東京の○○です!それではいきますよ!”
”と~お~きょ~!ラララ!ラララ!ラララ!”

この試合で最も輝いていたのは、サーブびしばしのアタックどかどかの、インタビュアーのマイクを奪い取りで、我々の元へ駆けつけてくれた人だった。

もうこれだけで俺は十分だった。


二戸駅のトイレで偶然つくばの#7と隣り合わせになったのである。

つくばも応援してくださいよぉって言うから、FC東京に入ればおまいがうんざりするくらい応援してやるよって誘惑しておいた。

これで4連勝!!!!

|

« バリボ 長野シリーズ | トップページ | バリボ 江戸川シリーズ »

バリボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/13612729

この記事へのトラックバック一覧です: バリボ 岩手シリーズ:

« バリボ 長野シリーズ | トップページ | バリボ 江戸川シリーズ »