« 対 横浜とか | トップページ | ゲーフラマニアが更新されたみたい!? »

2007/10/15

どうでもいいはなし の14

柳家権太楼は自著【『江戸が息づく古典落語50席』/PHP文庫 2005年2月16日 第1版第1刷/】の中で、『笠碁』について、

ゆったりとした時間の流れが感じられます。(中略)しかし、場内をそういう雰囲気にしてしまうのは、一朝一夕にできるものではありません。テンポや勢いでもっていく噺ではないので、登場人物に年齢にだいぶ近くなった私ですが、『笠碁』はまだできません。同書160頁

と記している。
今年『笠碁』を聴くのは3回目である。自著にいう“まだできません”から、”やってみよう”という了見に変わってきたのであろうか。

中入り前の、茶飲み話というか座談会といか、力が抜けていて実に良かった。
若手噺家についての評論もあったけど、いちいちここには書きません。

桃太郎師匠は相変わらず可笑しい。

2007年10月14日 第1回特選落語会 柳家権太楼・昔昔亭桃太郎二人会 

|

« 対 横浜とか | トップページ | ゲーフラマニアが更新されたみたい!? »

趣味の演芸 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/16765956

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいいはなし の14:

« 対 横浜とか | トップページ | ゲーフラマニアが更新されたみたい!? »