« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

天野屋利兵衛は男でござる。

本所松坂町天野屋利兵衛は、恩義ある赤穂藩に報いるために、江戸の浪士の武器調達に奔走する。しかしは大阪東町奉行所の知れるところとなり争乱準備の咎で投獄される。数々の拷問による吟味にも屈しない利兵衛に、自白を促すことは容易では無いと判断した大阪町奉行所は、利兵衛の長子を拷問の場に引き出し、白状せぬ時は子供を痛めつけるがどうかと利兵衛に迫る。

ここで有名な台詞が利兵衛の口から発せられる。

”どこの世に我が子の可愛くない親があるものか。されども信義は曲げられぬ。”

”天野屋利兵衛は男でござる。”

大向こうを唸らせる場面ですね。あたくしがぽぉっとするところございます。
歌舞伎の十段目ですが、最近はあまり掛からなくなったのが残念なことです。

もうすぐ忠臣蔵のシーズンですな。
テレビの時代劇でも必ずと言って良いほど挿入される、役者映えのするシーンでございます。明日”原博実は男でござる!”ってことになりますかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

対 大宮とか

え~ホーム最終戦でしたな。

別にこれは強がりでもなく、勝つに越したことはありませんが、負けてもどうという試合ではございませんでしたな。

長くチームを応援しておりますと、いろいろな『サヨナラ』に出会います。
シーズンの終わりには毎年、どんな『サヨナラ』にも心が傷みますな。

あたくしたちの胸の奥に大事にしまってさいいれば、たといチームから離れようとも、その選手はいつまでもあたくしたちと共にあるんでございます。それがチームの歴史であり、チームを応援するあたくしたちの歴史なンでございます。穏やかにこれからを見守っていくンでございます。

残り試合を大事に見届けてあげてくださいまし。


行く人をとどめがたみの唐衣たつより袖の露けかるらん
惜しむともかたしや別れ心なる涙にだにもえやはとどむる

天暦御乳母少納言

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

猫の災難

2007年11月22日 三越劇場 とっておき二人会

柳家小三治 : 小言念仏
桂 歌丸   : 質屋庫
      中入り
桂 歌丸   : 粗忽長屋
柳家小三治 : 猫の災難

チケットを入手するのが難しい噺家の筆頭が柳家小三治だろうと思う。
幸運が重り、最前列下手側という理想的な席の予約ができた。

使っている石鹸の話で、持ち時間の半分を使った小三治の小言念仏。
ハメものを使った歌丸の質屋庫、中入り後軽く流した粗忽長屋を経て、
本日のトリの猫の災難。

8月に聴いた、上野鈴本での柳家権太楼の長講1時間の”らくだ”が、今年自分が聴いた口演の中で一番だったが、この日の小三治の”猫の災難”が今年の一番の口演になった。

話自体は他愛もない筋立てで、主人公の家にやって来た男の、勘違いを勘違いと言い出せず、そこに生まれた食い違いをごまかすために主人公がいろいろ企むんだけど、それがますます食い違いを生み出してしまうという噺。

小三治が酒を飲むと本当に酒を飲んでいるように見える。小三治が酔っぱらうと本当に酔っぱらっているように見える。大袈裟な書きように思われるけど、本当にそう見えるのだ。『一に落ち、二に弁舌、三に仕方』という言葉があるが、柳家の面目躍如。

この日、小三治を見られたしあわせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/19

対 ガンバ大阪とか

先日開催された11月の全日本レフリー定例会議におきまして、
”あ~たのノルマは1笛に対して黄色5枚に赤1枚ですよ。”
”遺漏無きよう頑張るんですよン。”
”そいとゴール前のこれといった場面では必ず笛を吹くんですよ。”
”いいですか?試合を盛り上げんなあたくしたちなんですからね。”
なんてね励まされていた訳じゃないんでしょうが、
扇谷君大活躍でしたね。

先週に引き続き茂庭は災難ですな。
100歩譲ってあのプレイがファールだと致しましょう。
だからといっていきなり赤紙を出されるようなプレイだったかどうかは、
神のみぞ知るてぇやつでしょうかな。
扇谷君が出すんだからきっと正しかったんでしょう。

え~この試合でフレッシュな選手が先発致しましたな。
森村君と池上君ですな。

森村君はさすがにね、ガンバのDFを相手じゃなかなか持ち味を発揮するのが難しかった。んでも随所にボールタッチの柔らかい落としなんかを見せてくれましたな。下では通用しても上では通用しない部分てぇのが、自分なりに気付いたんじゃないでしょうかな。

池上君は前半に一度、長い距離を走って右サイドのスペースに飛び出したてぇプレイがありました。一試合に何度もできるプレイじゃないんですが、有効な攻撃には違いありませんな。頑張って続けていって欲しいです。今野てぇいいお手本があるんですからな。

ん~今野。スゴイです。東京の宝物ですな。

馬場優太と梶山陽平が戻って参りました。
歌舞伎の忠臣蔵じゃありませんが、“待ちかねたぁ~”てぇやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

対 新潟とか

1976年6月21日にリリースされた矢沢永吉の『A DAY』でございます。
なにやら北国の一部の赤い人系に絶大な支持を受けているという噂の永チャンですが、この人の書くメロディはあたくしにはとても心地良いンでございます。

昨日までのことも
明日からのことも
何も思わず 君とだけ
月の光の中
二人ならば きっと
うまくゆくさ
君の悲しい 涙に
もう さよならさ

現場に顔を出さない、テレビも観ていない、
そんな奴ぁ、試合をペラペラ語る資格は無いンでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/08

どうでもいいはなし の16

江戸曲独楽

”いつもいつもありがとうございます。”

新宿末廣亭の芝居がハネて、プラプラと伊勢丹に向かって歩いていたら、脇から声を掛けられた。声の主は、キャリアの付いた大きい鞄を引きながら、釣り竿をしまっておくようなバックを肩から下げていた。最初誰だか思い浮かばなかったが、すぐに判った。江戸曲独楽のやなぎ南玉師匠だった。

キャリアの豊富な芸人さんは、高座から客席を見渡せると聞くが、本当なんだと仰天した次第。というよりも、自分みたいな半端な客にも、しっかりと頭を下げることができる芸人の心意気がよくて、久々にイイ気分になった。
これはつい最近の出来事。

江戸曲独楽といえば、日本刀の刃に独楽を乗せて切っ先で止めるという、刃渡りの曲というのがある。ちょうど南玉師匠の写真がそうだ。

地方の仕事で飛行機に乗ろうとしたら、凶器の持ち込みと疑われて別室に連れて行かれ、検査官に囲まれて芸を披露する羽目になり、しくじったら疑われてしまうかもしれないので、こんなに緊張した高座?はなかったとは、三増紋之助師匠の上野鈴本の芝居でのぼやき。

ビートたけしの『座頭市』でお座敷で独楽が回っているシーンがある。
顔は出てないけど、この紋之助師匠がやってるんだそうだ。

風車という曲だ。

伝統芸能に傾倒していく仲冬の候。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/07

青赤なはなし

クリスマスが近づいて参りまして、気持ちが徐々に盛り上がって来ているお兄ちゃんお姉ちゃん方も大勢いらっしゃることでございましょう。季節柄、青赤な話でございます。

ヨーロッパに行かる皆様の観光のお楽しみと言えば、美術館や宗教建築物を訪ね歩くてぇのがあげられると思います。楽しいですからな。実際あたしンとこにも、視察と銘打って会社の金で行った奴がいないこともない。教会や美術館に行けば、それこそ溢れんばかりに宗教画や彫刻が展示してありますな。

そん中でのダントツはやはり本寸法、イエス様でございます。
まぁ当然の話ですな。

そんじゃ次は誰かってぇますと、

『エルサレムの光栄、イスラエルの歓喜、わが民の誉』

『太陽を着て、足下に月を踏み、十二の星の冠を戴いた』女性。

マリア様でございましょうかな。

生まれたときから天に召されるまでの、たくさんのテーマがありますな。
あるテーマを除いて、大抵が赤い色の衣に青い色のマントを身につけたお姿なんですな。青赤なんでございます。
これは意味無く青赤のお姿で画かれている訳じゃない。
ちゃんと意味があるんでございます。

『青』は『天の真実』を『赤』は『天なる聖愛』を表し意味しているんでございます。
『青』と『赤』は『真実』と『愛』なんですな。

グーグル・アースで日本に巡ってきて、東京でございます。

ここ東京に青赤なフットボールチームがあるン。
んでもってそのチームを応援する人達がいるンですな。
言わば『真実』と『愛』の人達なンでございますな。

なにが『真実』と『愛』なんだか、そこんとこが良く判りませんが、
とどのつまりあたくしたちは『真実』と『愛』なンでございます。

だれがなんと言おうと『真実』と『愛』なンでございますよ。

もうすぐクリスマスなんで、与太話もいいかなぁなんて、
そんなあたくしは、丸亀で日本酒に鮟鱇鍋なンでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

天皇杯4回戦 対 TDK SC

え~天皇杯でございます。

故あってコンコース付近での観戦でございました。
まあ~風がつようござんしてねぇ。

東京の選手がミスをしようものなら、ビュービュー。
茂庭がセーフティに塩田にパスしようものならビュービュー。
シュートでも打たれようものならビュービュー。

センタサークル付近で東京がボールを持っている時に、
打てぇ~!って絶叫している奴がいたり、
酷いのになると、後ろから相手を蹴った平山に対して正当なカードが出た瞬間、
グォラァ~審判~ギョア~!って目が血走っている奴がいる。

もうビュービューギャーギャー煩くって仕方がない。

白いチームが全力で闘う様を見ませんでしたか?
彼らに清々しさを感じませんでしたか?
相手がJFLだからって見下してはいませんでしたか?

ビュービューギャーギャーの前に、
応援するあたくしたちの了見を、もう一度問い糾したがようござんせんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/01

どうでもいいはなし の15

二代目 林家三平が誕生するらしい。

今朝テレビで流れていた。

高座同様クサイ会見。

藝もねぇのに前に出過ぎじゃね?林家。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »