« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/25

天皇杯準々決勝 対 広島とか

え~長年愛用していた洗濯機が壊れ、2年前に買ったマランツのプリメインアンプが壊れ、はたまたi-Podが壊れてしまったあたくしは、何も良いことのない東京を後にして、博多に向かったンでございます。博多に行きさいすれば、きっと良いことがあるはずだ。そう言い聞かせてあたくしは、予てより馴染みのキャバ嬢を誘い、水炊きを食して、それから店に同伴しようと企んでいたんでございます。嗚呼!実家に帰るから今日は会えないと見え透いた嘘に心を打ち砕かれたあたくしは、ひとり淋しく芋焼酎のお湯割を飲んでフテ寝をしたんでございます。

烏カァでここは熊本でございます。昨日あれほどに酷い目に遭ったからには、今日は何やら良いことのありそうだ。そんな淡い期待を抱いてスタジアムに到着なンでございます。サンタ帽を被ったゴル裏にはきっとあたくしと似た境遇の方がいらっしゃるに違いない。一方的に親近感を憶えながら、皆様方と歌っていたんでございます。

あっ!聞こえって、あっ!来るでっしょ!
とおきょっかっら、めり くり すます!~♪

いやぁ楽しかったですな。

試合後に連れて行っていただいた馬肉料理の美味しかったこと美味しかったこと。良いことがありそうな予感てぇなこのことだったンでございますね。あたくしの目に光る一筋の涙は、辛しレンコンの辛さが目に沁みたせいだけじゃ無かったンでございます。志の低い涙でございました。

茫漠とした’07シーズンも終わってしまいましたな。
皆様、良いお年をお迎えくださいまし。
来年も東京とともに、あたくしたちは行くンでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/10

天皇杯 5回戦 対 鳥栖とか

え~3度目の丸亀でございます。

ゴル裏のタスキ近辺には、東京にはいられない何か事情のある、イヤイヤそうじゃない、師走だというのにやることがなんにもない、ンじゃなくって、東京を愛して止まない人達が屯っていたンでございますよ。ここまで遠いと流石に、やってくる顔は知ったのが多くて、なんだかアットホームな感じでよござんした。遠い所じゃないと和やかな雰囲気になれないってとこが変なんでございますが、そういうことなンでございます。季節感を無視したTシャツ1枚のBob様は、当たり前のようにゴル裏の真ん中に鎮座ましましておられました。

交代を告げられるまで一切手を抜かず、自分の仕事を全うした川口信男は、有志の方々から贈られたというスカーフを高々と掲げながら、先頭に立ってゴル裏に挨拶にやってきた。右手でグルグルとスカーフを回しながらコールに応え、何度も何度も笑顔でこちらをふり返った。俺が彼を見られたのはそこまでだった。情けないがそれからは、涙が滲んでまともに見られなかった。仮にこのまま勝ち進んだとしても、来年彼はチームを去る。にもかかわらず労を惜しまずチームのために闘う、プロだから当たり前と言ってしまえばそれまでだが、その笑顔の裏に、彼は何を思うか。

冬の海の波音に煽られ、うどんを食い過ぎた悪人相のヒゲが、乙女チックに物思いに耽る今年の丸亀行なンでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/02

対 甲府とか

え~’07シーズン、最終戦でございます。

近場のアウエイには、大概がBobの車で行きますな。
前もって、どこそこの店に美味いものがあるから、じゃあ行ってみようか!なんてことは一切しない。行き当たりばったりの、目についた店に入ってみようかって、ずいぶんいい加減なもんです。それじゃハズレることも多いでしょうなんて思われるかもしれませんが、ところがそうじゃない。Bobは、美味い店を嗅ぎ当てるてぇ特殊技術を持ってンですな。全てがアタリじゃないが、まぁ大抵はアタリを嗅ぎ当てる。そりゃもう大したもんです。

今回はそのBobが、入念に下調べをしていたンでございます。出発するなり会社でこっそり印刷してきたA4のコピー用紙を見詰めながら、ほうとうほうとう…、中央高速のインターを降りるまでずっと呟いている。隣で話しかけてもほうとうほうとう…。もうそっとしといてあげました。

ちなみにあたしくしが注文した豚肉入りのほうとうは、味は結構だったンですが、その分量が凶暴で、とてもじゃないが完食できせんでした。一緒に頼んだ麦ごはんは、箸がつけられないままBobの胃袋に直行するという有様でございました。

Bobの車にセットしてあるCDは、小田和正と徳永英明しかなくて、しかも掛かっている曲に合わせて毎回Bobが歌詞を間違えて歌い始める。あたくしたちは少々ダレ気味だったんでございますな。ところがあ~た、今回の遠征に並々ならぬ気合いを入れてきたBobは、なんと!夏川りみのカバーCDを新しく買いこんできていたンでございます。

そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ
そんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ
だから 今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう
まわるまわる 時代はまわる
喜び悲しみくり返し 今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ


帰りの車中、今シーズンを振り返えるがごとく”時代”は流れていたンでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »