« 天皇杯準々決勝 対 広島とか | トップページ | よござんしたな。 »

2008/01/17

ことしの どうでもいいはなし の1

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお引き回しの程お願い申し上げます。

正月気分の抜けてきた上野鈴本演芸場初席の七日目。
この日は春の七草でございました。今ではあまりない風習ですが、芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)の入った粥を食べるンでございます。
この七草 にちなんだ噺を三遊亭金馬師が掛けるってんで、ノコノコと上野に出掛けていきました。この噺は現在、金馬師しかやる人がいないそうで、この日を聞き逃すと来年まで聞かれないということになるんですね。相変わらず足の具合がお悪いみたいで、釈台を置いての高座でございました。早く快復なされて、いつまでもお元気でいて欲しいと思いますな。

夜席トリは柳家小三治師匠。ご存知大看板でございます。
寄席は来るほどに中毒になるので、何度も寄席に足を運んでみては如何?とお客さんを誘惑しておりました。

新宿末廣亭二之席の6日目。

やはり夜席トリは柳家小三治師匠。
奇しくも同じ噺に遭遇する羽目になるとは思いもよらず、ムムム感は否めませんでした。上野の時とは噺のまくらが全然違っていたことが救いといえば救いだったでございましょうか。

今年は何回寄席に足を運ぶことになりますやら。
ぼんやりと始まる’08シーズンなンでございます。

|

« 天皇杯準々決勝 対 広島とか | トップページ | よござんしたな。 »

小三治」カテゴリの記事

趣味の演芸 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/17723489

この記事へのトラックバック一覧です: ことしの どうでもいいはなし の1:

« 天皇杯準々決勝 対 広島とか | トップページ | よござんしたな。 »