« 対 京都とか | トップページ | ゲーフラマニアよりのお詫び »

2008/04/01

どうでもいいはなし の月のもの の弥生

****************************

2008年3月13日 【権太楼・さん喬・桃太郎 三人の会】

2008年3月19日 桂歌春 独演会

2008年3月25日 三越落語会 トリ 三遊亭小遊三

2008年3月29日 瀧川鯉昇 一人会

****************************

うぅむ 今月は寄席に一度も行かれなかった。

【権太楼・さん喬・桃太郎 三人の会】
長講の会。
さん喬師がマクラを振って、”本所達磨横町に左官職を営む長兵衛さん…”ときた。文七元結である。これをぶつけられたんじゃ、権太楼師はただ済まないだろうなぁと思っていたら、【百年目】を掛けてきた。21:00終了予定が、21:40までずれ込む大熱演の会になった。

【桂歌春 独演会】
前述の会が、演者はもちろん客にまで緊張感を漂わせるようなガチな会であったとすれば、この会はもうファンの集いという様子の会。後ろに着席の年配のご夫婦などは、ご主人が奥様にネタをいちいち説明してあげていて、こういうほのぼのした会も、良いものなのだなと思いましたです、はい。

【三越落語会】
桂小文治師を初めて聞いた。達者な人だと思った。それだけ。

【瀧川鯉昇 一人会】
2時間2席。1時間の【千早】というのを初めて聞いた。マクラ45分、噺15分。

|

« 対 京都とか | トップページ | ゲーフラマニアよりのお詫び »

趣味の演芸 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/40716304

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいいはなし の月のもの の弥生:

« 対 京都とか | トップページ | ゲーフラマニアよりのお詫び »