« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/28

藤原義孝

君が為惜しからざりし命さえ長くもがなと思ひけるかな

ま~っつぐよね。純よね。

こんな心持ちになったな、いつのことだったかねぇ。

オヂちゃん、忘れちゃったな。



3023510_2著者 :尾崎雅嘉(おざき まさよし)
2004年11月10日 発行 第31刷 岩波文庫
ひゃくにんいっしゅ ひとよがたり 
地下鉄でこれを読んでいて、ピョイと頭に浮かんだのが、前の感想。
つーか、今岩波を覗いてみたら、品切れ重版未定ってなってるし。
岩波はケチだから、在庫抱えるのが嫌さに、少ししか刷らないんだよ。
良い本だから、見つけたら買っても損はないかもね。
でも、その責任は負わないけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/26

ダービーとか の2

青赤軍団

この日の右サイドは、
気の遠くなりそうな程の時間を掛けて編み上げられたであろう、
ドレッドヘアのブラジル人と、
公式戦のピッチを初めて踏むことになる、
まだあどけなさを残す新人サイドバックのものだった。

ボールを相手に曝して誘い、
相手が乗って出てきたその刹那、
別の方向に押し出し、
忽ちのうちに体を入れ替わるという技を持つブラジル人は、
キャプテンマークを巻く相手の左サイドバックを、
この技で2度ほど手玉にとって見せ、
スタジアムへ足を運んだすべての人に、
このサイドが誰のものであるかを知らしめていた。

侵入してくるアタッカーを冷静に観察し、
的確な間合いで相手に自由を与えず、
勇敢にボールへのチャレンジを続けた、
新人の右サイドバックは、
ホームゴール裏からの強大な声援を力に変え、
自分のサイドを遂に守り抜いた90分間だった。

お互いにブラジル人が3人いた。
個を頼る3人と、組織としての3人と、
数は同じだが、
その意味において、
比較することさえ憚られることだろう。

あと2試合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/19

対 磐田とか

え~この日は無性に暑かったですな。

いつもの鰻屋で白焼をつまみに生ビールを飲んでいたあたくしなンでございます。
今回もBobが大盛りと言わなかったンでございますよ。体調が悪いんでしょうかね。
の代わりと言ってはなンですが、競艇王が大盛りを注文して涙ぐんでおりました。
腹具合が悪いと言っていた割にはずいぶんと無謀なことをするものですな。
んなこたどうでもいいことなンで、試合でございます。

体勢をひねり、たぶん左の膝あたりで押し込んだ勢いもそのままに二度三度、クルクル廻って飛び込んできた赤嶺は、両手でネットを揺らしながら、ゴル裏のあたくしたちに向かって吠えたんでございます。人差し指をこちらに向ける仕草といったらあ~た、声のひとつも掛けようかなんて形でございましたよ。ゴールした後のパフォーマンスが、だんだんと様になって参りましたな。

まぁエメルソンってば、投入直後からガラリと、試合のリズムを変えてしまいましたな。前半みたく、相手にボールを持たされて仕方なしにボールを回してるってんじゃ無しに、自分たちが主導権を握って、相手を揺さぶっていましたな。もの凄い勢いでこちらに駆け上がってくる藤山に、こらぁ!どうしたぁ!戻れぇ~!正気か~!ポジションを変えていたのに気づかずに、ワメいていたあたくしたちなんでございますな。

連敗も止めたし、
怪我人も戻ってきたし、
良いイメージで中断期間を過ごすことが出来るんじゃありませんかな。
しめしめ。

つーか、ヴェルディだけには!って歌っているのは何故と思っていたのは内緒なンでございますよ。ナビスコのダービーがあるのを知らなかったあたくしなンでございます。

柏戦を書いてないけど、忘れちゃったからもういいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/12

アマラオ とか

何日 われ 出で行きしか 君を唄ひて 
それ 今日ならず 今日ならず
われ忘れき 何日よりか 君を慕ひし
それ 今日ならず 今日ならず

滝瀬の迸り
誰を慕ふか 人知らず
その如 われも流れぬ
命の河に
それ 今日ならず 今日ならず

幾許も 名よび
幾許も 絵に描き
幾許も 喜び歩きし
その数知らず
それ 今日ならず 今日ならず

花は 光明を待ち設け
夜も寝ねず 人知らず
その如 われも 君を待ち
心 曇りぬ
それ今日ならず 今日ならず

-Tagore/渡辺照宏 訳 -




試合の途中、誰かがつぶやいた。

これは、引退試合をしてあげられなかった奴等への試合でもあるんだ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/09

Amaral

Ama_3【Amaral】 直説法現在
1人称 単数 Amarao  :俺のアマラオ 
2人称 単数 Amarai  :君のアマラオ
3人称 単数 Amara   :彼のアマラオ
1人称 複数 Amaramo :俺たちのアマラオ
2人称 複数 Amarate :君たちのアマラオ
3人称 複数 Amaramono :みんなのアマラオ
****************************************
あまらお だい すき

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/05/07

対 名古屋とか

え~負けましたな。

PKが外れたからどうのというのは結果論でございましてねぇ。
冷静に考えて、ボールへの寄せが、相手のほうが一歩上回っていましたでしょう。この試合は落とせない、負けられないてぇ気持ちが相手のが強かった分、やられてしまったんじゃございませんかな。

相手のサイド攻撃に合わせて、ドイス・ボランチにしてサイドの人数を増やしたんだろうと思いますが、逆に中盤にスペースができちゃった。折角頑張って相手の#9に入る楔のボールを弾き返しても、人がいないんで拾えない。んで相手に拾われて、またサイドに展開されてやられるてぇのの繰り返しでございました。

終盤の猛攻も、勝利への執着の強い相手の、体を張ったディフェンスで得点が出来ずじまいでございました。

大事なことは次の試合に、どう修正するかでございます。

Piccola
写真は試合内容とは全く無関係に、将来のあたくしのお嫁さんを皆様にお披露目しているところ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/04

対 大宮とか

え~ひとつの新しい命がこれほどまでに意識を高めるてことを、
目の当たりにしたNack5スタジアムなンでございます。

先制もそうだったんでございますが、梶山の動きがこれまでとはちょいと違ってた。
長女が生まれたのを知らなかったんでね、教えてもらってなるほどね、でしたな。

試合はね、前半は相手に支配されてはいましたが、カボレのループが決まって大安心。
試合後、塩田が俺のアシストだぜって足を指差してました。
無尽蔵のスタミナで左サイドを席巻していた長友は、自身J1初ゴールをあたくしたちの目の前で決めてみせたンでございます。
近藤祐介が久しぶりだったんでございます。2度ばかりチャンスがありましたが、残念でございました。
あたくしの隣りに立っていた☆★君が、オランダに帰れ!って、平山に厳しく申しつけておりました。可哀想な平山。

瞬間首位だった東京なンでございますが、
まだまだ10試合終わっただけでございましょ。
みなさん何を浮かれているんでございましょうかねぇ。









って





すぅこおおしの間でも夢を見られて、とぉおおおおおっても しあわせ!
やっぱし祭りは、大きけりゃ大きいほど、楽しいンでございますよ。
次の試合も浮かれ踊るんでございますよ。
じょ・お・ふ~く とおきょ!た・の・しぃ とおきょ!
お・れ・とお・ま・いは夢のなかあぁぁ~
なンでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

どうでもいいはなし の月のもの の卯月

2008年4月 1日 池袋演芸場 四月上席 昼席 主任:三遊亭歌之助

2008年4月10日 新宿末廣亭 四月上席 夜席 主任:柳家花録

2008年4月11日 新宿末廣亭 四月中席 夜席 主任:三遊亭歌雀

2008年4月21日 新宿末廣亭 四月下席 夜席 主任:柳家さん喬

2008年4月23日 新宿末廣亭 四月下席 夜席 主任:柳家さん喬

2008年4月25日 新宿末廣亭 四月下席 夜席 主任:柳家さん喬

2008年4月29日 新宿末廣亭 四月下席 夜席 主任:柳家さん喬

-------------------------------------------------------
新宿末廣亭 四月上席 夜
柳家花録師が末廣亭の夜席の初トリ。なんとか都合をつけて楽日に行かれた。
柳家噺の『唖の釣』

新宿末廣亭 四月下席 夜
柳家さん喬師の芝居。
出来うるなら全て行かれれば良かったのだが、そうもいかない。
21日。
『百川』
23日。
柳家の正装、黒羽二重五所紋付で高座に登場したさん喬師だが、
通ぶってはいるが一目初心者と思しき酔っぱらった中年サラリーマンの、
最前列から間の悪い声をにやる気をなくしたらしく、『棒鱈』。
もう糞ジジィどっか行っちまえと。
25日。
『中村仲蔵』渾身の出来。芝居噺である。素晴らしかったなぁ。
今日の客は良い客で、さん喬師もやりやすかったんじゃなかったかな。
29日。
『唐茄子屋政談』
挟んだ小唄は“書き送る”だったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »