« ナビスコ 対 清水 とか | トップページ | どうでもいいはなし の柳家三三 »

2008/06/02

どうでもいいはなし の月のもの の皐月

2008年 5月 7日 5月 上席 夜 上野鈴本 主任:柳家権太楼 
2008年 5月 8日 5月 上席 夜 上野鈴本 主任:柳家権太楼 
2008年 5月 9日 5月 上席 夜 上野鈴本 主任:柳家権太楼 
2008年 5月 12日 5月 中席 夜 新宿末廣亭 主任:春風亭一朝
2008年 5月 14日 5月 中席 夜 新宿末廣亭 主任:春風亭一朝
2008年 5月 16日 5月 中席 夜 新宿末廣亭 主任:春風亭一朝
2008年 5月 20日 5月 中席 夜 新宿末廣亭 主任:春風亭一朝
2008年 5月 24日 5月 夜席 夜 新宿末廣亭 主任:春雨や雷蔵
2008年 5月 27日 三越劇場 三越落語会 主任:柳家小三治
-----------------------------------------------------
上野鈴本は”権太楼噺 たっぷり十夜”のうちの3日。

【百年目】:ネタ出しでは音曲の入らない素話だったんだけど、この日は人があまり入っていなくて、権太楼師曰く、こういうときこそお客さんは良いことがあるよってことで、音曲、鳴り物入り。
【御神酒徳利】:柳家の御神酒徳利。
【文七元結】:権太楼師のこの噺は初めてで、この芝居でのわたくしのお目当てだったのだ。

新宿中席での一朝師の芝居。

【抜け雀】:この日は上手桟敷席に修学旅行生が30人ほどいた。
【井戸の茶碗】:この日は2階桟敷席に100人弱の修学旅行生がいた。
【蛙茶番】:わたくしの右隣の若い女性が、人情噺が聴きたかったのにと文句を垂れていた。
【淀五郎】:歌舞伎の四段目の由来の噺で、わたくしの好きな噺。上野での芝居で、桃月庵白酒師が【四段目】を掛けた。短い時間で四段目に関わる噺を聴かれて、大変にしあわせ。

新宿夜席

【猿後家】:春雨やのこの噺は珍しいんじゃないかな。

三越落語会

【湯屋番】:やはりお目当ては柳家。何度でも言うけど、小三治師うまいなぁ。

|

« ナビスコ 対 清水 とか | トップページ | どうでもいいはなし の柳家三三 »

小三治」カテゴリの記事

趣味の演芸 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/41390236

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいいはなし の月のもの の皐月:

« ナビスコ 対 清水 とか | トップページ | どうでもいいはなし の柳家三三 »