« 片道6時間 | トップページ | どうでもいいはなし の3 »

2008/09/18

どうでもいいはなし の2 にしとけ

9月 中席 夜 の池袋演芸場は柳家さん喬師の芝居でございます。

池袋は時間をふんだんにトリのために残す寄席でして、今席の番組表ではトリの上がり時間が19:30で、終演時間が20:30となっております。思う存分に演りなさいってことですな。

”お客さまはイイでしょうけど演るこっちは堪らない。ははは。”初日に仰ってました。
 事前に10の演目を掲げてありまして、ただ何を演るのかはさん喬師のその日の気分のお楽しみとなっております。しかも悩ましいことに、2日の休演がこの興行にはあるんですな。ですから10席の内2席は聴かれないってことになってしまう。こりゃ目当ての演目が掛かるまで通うしかないでしょうってことで。

生まれ育った所は本所吾妻橋で、子供のころはよく向島辺りで遊んだものでしたってマクラが入ってきた。
こりゃ百年目なのかな?
芸者さんがお稽古に通うのでしょう、三味線を小脇に抱え歩いていたりしてました。
おや?!
小学校の窓からは小唄やなにかお稽古の三味線の音が聞こえていたりもしてました。
『たちきり』だ。お目当ての噺です。ついに掛かりました。

昨日の”お染”を演じたときの、蓮っ葉な女郎の不貞不貞しさも見事でしたが、今回の柳橋の芸者“小糸”のウブな瑞々さ、若旦那への健気な想い、一途な心根、期待通りの高座でございました。

達者な人の60分って全く気にならないんですよ。噺に引き込まれてしまうとホントにあっという間で終わってしまいます。達者な人の場合はね。ふふふ。

あとは”雪の瀬川”が掛かれば言うことはありません。この噺は六代目の三遊亭、柏木の音源でしか聴いたことがありません。


一.御神酒徳利
一.柳田格之進
一.たちきり
一.雪の瀬川
一.唐茄子屋政談
一.おせつ徳三郎
一.品川心中(通し)
一.お若伊之助
一.百年目
一.子別れ(通し)

|

« 片道6時間 | トップページ | どうでもいいはなし の3 »

趣味の演芸 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/42513425

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいいはなし の2 にしとけ:

« 片道6時間 | トップページ | どうでもいいはなし の3 »