« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/31

どうでもいいはなし の月のもの の神無月

2008年 10月 1日 上席 夜 上野鈴本演芸場 主任:柳家小三治 【船徳】
2008年 10月 2日 上席 夜 上野鈴本演芸場 主任:柳家小三治 【出来心】
2008年 10月 3日 上席 夜 上野鈴本演芸場 主任:柳家小三治 【金明竹】
2008年 10月 4日 上席 夜 上野鈴本演芸場 主任:柳家小三治 【湯屋番】

2008年 10月 11日 中席 夜 新宿末廣亭    主任:三遊亭圓馬 【井戸の茶椀】
2008年 10月 14日 中席 夜 新宿末廣亭    主任:三遊亭圓馬 【付き馬】
2008年 10月 15日 中席 夜 新宿末廣亭    主任:三遊亭圓馬 【試し酒】
2008年 10月 16日 中席 夜 新宿末廣亭    主任:三遊亭圓馬 【蒟蒻問答】
2008年 10月 17日 中席 夜 新宿末廣亭    主任:三遊亭圓馬 【小言幸兵衛】
2008年 10月 20日 中席 夜 新宿末廣亭    主任:桂 歌春 *代バネ*

2008年 10月 30日 下席 夜 新宿末廣亭    主任:鈴々舎馬櫻 【二階ぞめき】

*上席。柳家の芝居。
*中席。圓馬師の師匠、橘之圓師の江戸東京言葉が良かったす。
今ではなかなか耳に入って来ない、聞かれない言葉の数々でございました。
いつまでもお元気でいて欲しいと思います。
*下席。事前に四席のネタだしの芝居。期待通りの出来。イメージを膨らませどこまで客を引っ張って行かれるのかに、演者の力量を問われる噺でござりまする。随所に数々の有名な廓噺の世界をちりばめて、聴いているものを飽きさせない演出はお見事でございました。

【お見立て】
【杯の殿様】
【文七元結】
【三浦屋高尾】
【紺屋高尾】
【錦の袈裟】
【お直し】

他にも出てきていた筈だけど、いちいちメモしていないので憶えてはおりませぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/27

対 鹿嶋とか

え~鹿嶋戦でございます。
爽やかな朝の目覚めなンでございます。

指定席で観戦しておりました。
後半、東京の左サイドはメイン側で展開され、あたくしの目の前で躍動していたンでございますよ。
カボレがボールを持って相手を誘っている。カボレに気を取られた相手の隙を窺って長友は猛然と前線に飛び出してくる。その動きを利用して、相手を置き去りにしたカボレが切れ込んでボールを入れる。鹿嶋の誰もカボレの速さを止めることは出来なかったンでございますよ。全得点に絡む活躍でございました。あまりに嬉しくてあたくしは普段はやらないんですが後ろの人と初めて握手しちゃったんでございますよ。

ACLあると思います。
円高で苦しいけど皆さんアジアに向けて貯金しませう。
生めよ。増やせよ。東京!なンでございます。 意味不明…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/21

秋思

鳴く鹿の聲に目ざめてしのぶかな見はてぬ夢の秋の思いを   慈圓

アジアに行くよ。
俺たちは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

秋の夜長に

1071019632溜め込んでいたCDを聴くのには良い中断期間ですね。これは、何年か前にVerveが出した、CDリマスターシリーズの中の1枚でござりまする。
若かりしStan Getzが名人Oscar Pterson trioをサイドに従えての一品なンでございます。とはいえタイトルこそ、Stan Getzが取っていますが、やはり名人芸がチラチラと光るOscar Pterson trioの一枚なンでございますね。BassにRay Brown、GuitarがHerb Ellisというトリオ構成でございます。
ハーブ・エリスのギターの音色がね、軽く優しくふわふわ~っとを包んでくれて、聴く者を夢見心地に誘ってくれますよ。3曲目のバラードメドレイがあたくしにはよござんす。

JATPツアーでイギリスへ行った時に、ピアノトリオを観たSteve Raceというおっさんが、
“There is no more swinging jazzman on earth. ”こう誉めたと、
Nat Hentoffというおっさんがジャケット裏の解説に書いている。
外人ってな相変わらず大袈裟だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/05

対 清水とか

081004_143112_mえ~試合前、端希ちゃんにあたくしのお嫁さんになってくださいとお願いしましたら、絶対嫌だときっぱりとふられてしまったあたくしなンでございますよ。失恋の傷手は力を与えてくれますな。試合中狂ったように跳ねておりました。

なんだかねぇ、久しぶりにタコ殴りにやられましたな。
ってもね、ここまでやられるとかえってサッパリいたしますな。
妙に未練を残すよりかは、この方がいいんじゃありませんかな。
気持ちの切り替えが上手く出来ると思いますよ。

試合後酒を飲みたかったけど、
上野が気になってしまったあたくしなンでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野鈴本演芸場 10月上席 夜 4日目

え~初日から3日目までは空席もありましたが、土曜日ともなると満席ですな。6時半に入ったらちょうど立ち見になってしまいました。

太神楽の柳貴家小雪の“やなぎや”の“き”は最初からくっついていたって話から始まって、ユニクロの下着の話になって、ここまで相当時間を食っていた。どうなるんだろうと思っていたら『湯屋番』でした。

初日の『船徳』の若旦那とはまた気質が違っていて、『湯屋番』の若旦那は勘当の身の上を、まったくへこたれない。自分の都合のいいことばかり夢想している。時間の都合なんでしょう、途中で切ったのがまことに残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/04

上野鈴本演芸場 10月上席 夜 3日目

え~小三治師の芝居の3日目でございます。

テレビ画面の右上に表示される”アナログ”って文字はありゃなんだってまくらから、小言念仏かしらと思っていたら、いきなり『金明竹』でした。

若いときにわざわざ大阪まで出向き、実際に大阪の方が喋る大阪弁を聞いてものにした道具七品の言い立ては、評判を取った。にもかかわらず「何も大阪弁をそのままにやらなくったって、東京の人が大阪弁だなって思うようにやればいいんじゃないか」という考えも擡げてきた。でも最初から人の真似をするのと自分の身体でつかみ直すのとでは、まったく違う。

噺に出てくる世界をイメージするという作業は、ほとんどが噺家の想像力の産物でありますが、実体験はそれを支えたり豊かにしたりしてくれます。

『落語百景』新人物往来社:32頁 ちょっと要約


ひとつの噺にもこういう背景があるんですね。

『金明竹』は、いわゆる大ネタとは言い難い噺です。でも堂々とトリネタに掛ける小三治師の矜持に痺れた、あたくしなンでございますよ。
中トリで掛ける『道灌』や『千早』なんかも、軽くてホント大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/03

上野鈴本演芸場 10月上席 夜 2日目

え~柳家小三治師の芝居の2日目でございます。

噺は『出来心』でございました。
簡単な筋立ての噺で演る人は多いんですが、登場人物が多いので、そこんとこを上手くやらないと、目も当てられなくなってしまう噺でもございますな。あたくしが好きなのが『船徳』の船頭の親方や、『出来心』の泥棒の親方みたいな、ちょいと凄みを利かせた頑固そうな人物ですな。口をへの字に曲げて“馬鹿やろぅ”って子分に小言を言う時の、この”ばかやろう”の”ろ”の音の中に【ろ】と【る】が混ざったように聞こえる感じがとってもあたくしにはイイんです。って書いてみても、あたくしの描写がヘタなんで実際に聴いてみなきゃ、知らない人には何のことだかさっぱりでございましょうけどな。ちとしょんぼりです。

寄席が撥ねて、追い出し太鼓に送られながら、地下鉄の入り口に向かって歩いて行く途中、OLさん2人とその上司か同僚かと思しき男性1人の3人連れが、最後の人上手ね上手ねと高揚した声で語り合っていたのをチラと小耳に挟み、なんだかイイ気分になってしまったあたくしだったんでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/02

上野鈴本演芸場 10月上席 夜 初日

え~10月上席の上野は、柳家小三治師の芝居でございます。

噺家の時知らず。ここ最近ずいぶんと涼しくなってまいりましたが、掛かった噺は『船徳』でございました。実を申しますと、あたくしが寄席で、師の『船徳』を聴くのは初めてでございます。

まぁ、上手い人が演ると、いまどんなに涼しかろうが、盛夏の太陽がギラギラ川面に照り帰る大川になっちゃうわけでございましてね、よっ!高田馬場!って、ひと声掛けたくなりまさな。

寄席はいいですよ。至芸を間近で観られます。しかもつまんない芸人の時に寝ていても、何も言われない。ふふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »