« どうでもいいはなし の4 | トップページ | どうでもいいはなし の6 »

2009/01/20

どうでもいいはなし の5

新宿末廣亭 正月二之席 9日目

え~相も変わらずの寄席通いなンでございます。
新宿末廣亭を通りから見て右手、北側でございますね、ここに洋食『あずま』という、知っている人は知っているけれども、知らない人は全く知らない(当たり前だ)という名店があるンでございますよ。あたくしは大抵、ここで飯を喰ってから末廣亭へ足を向けるンでございます。

店のおじちゃんに、今日はビール飲まないの?って言われちゃったじゃねぇかよぉ。そりゃいつもは飲むけどさぁ、小三治師匠の芝居だもの。酔っぱらっちゃっちゃぁ上手くないでしょ。ここんとこ飲んでないじゃない。酔っぱらっている印象が余程強いのかしら?気をつけよっと。

さてこの日も二階桟敷席まで満員の末廣亭でございます。
圓蔵師匠の『道具屋』は、いつも楽しい高座なんだけど、この日はなんだか特に、あたくしには楽しかったンでございます。何故?って聞かれても何故だかは、あたくしにも解らない。

葛餅の話題から、『茶の湯』へと入っていった小三治師は、椋の実でブクブクになったグラグラのお湯ン中へ、“今日は初日だから”って青黄粉を奮発して5杯も入れていました。あれを飲んだらホント不味いンだろうな。どんな味がしたンだろう?小三治師もすごい顔をして飲んでいました。
時間を気になすったんでしょうか。途中を端折ったのが誠に残念。

さて楽しかった本芝居もいよいよ楽日を迎えることと相成りました。

|

« どうでもいいはなし の4 | トップページ | どうでもいいはなし の6 »

小三治」カテゴリの記事

趣味の演芸 2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/43797483

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいいはなし の5:

« どうでもいいはなし の4 | トップページ | どうでもいいはなし の6 »