« どうでもいいはなし の5 | トップページ | どうでもいいはなし の月のもの の睦月 »

2009/01/21

どうでもいいはなし の6

新宿末廣亭 正月二之席 千秋楽

え~新宿末廣亭の正月二之席興行も楽日でございます。
昨日末廣亭の隣にあるのは洋食『あずま』と書きましたが、正しくは『あづま』が本当でございます。訂正ならびに関係者の皆様には伏してお詫び申し上げます。申し上げますったって、関係者の方はこんなとこ見てないでしょうけどもな。昨日チキンステーキをつまみに生ビールを飲んでいたら、ふと気がついた次第でございます。

相も変わらぬ満席の末廣亭でございまして、もちろん二階桟敷席も開いておりました。

千秋楽の演目は『うどんや』でございました。
柳家の家の芸でございますな。今の小さんではまだ聴いたことの無いあたくしなンでございますが、七代目、八代目とね、柳家に代々語り継がれていく噺なんでしょうな。柳家にとっては大事な噺なンでございますよ。

その『うどんや』を、実質、柳家の頭取である小三治師が演るんですもの。悪いわけが無い。サゲにかかる時の間に、めまぐるしく変化していくうどんやの表情は、残念ですがやはり、CDなどの音源では伝わらないものだと思いますよ。あたくしなんざ嬉しくなっちゃってもう、ニヤニヤしっぱなしだったンでございますよ。

楽日も、良い高座を見せて頂きました。

|

« どうでもいいはなし の5 | トップページ | どうでもいいはなし の月のもの の睦月 »

小三治」カテゴリの記事

趣味の演芸 2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/43806538

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいいはなし の6:

« どうでもいいはなし の5 | トップページ | どうでもいいはなし の月のもの の睦月 »