« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/28

どうでもいいはなし の月のもの の如月

2009年2月03日 新宿末廣亭 上席 夜 主任:春風亭一朝    【天災】
2009年2月05日 池袋演芸場 上席 昼 主任:古今亭志ん五   【付き馬】
2009年2月05日 池袋演芸場 上席 夜 主任:柳亭市馬     【松曳き】
2009年2月09日 新宿末廣亭 上席 夜 主任:春風亭一朝    【小言幸兵衛】

2009年2月13日 新宿末廣亭 中席 夜 主任:三笑亭夢多朗   【寝床】
2009年2月16日 鈴本演芸場 中席 夜 主任:柳亭市馬      【御神酒徳利】
2009年2月20日 鈴本演芸場 中席 夜 主任:柳亭市馬      【味噌蔵】

2009年2月23日 新宿末廣亭 下席 夜 主任:三遊亭圓丈   【藪ツバキのかげで】
2009年2月27日 新宿末廣亭 下席 夜 主任:三遊亭圓丈   【一ッ家ラブ・ストーリー】

********************
上席、一朝師の【天災】と、中席、市馬師の【御神酒徳利】かな。
一朝師は五代目柳朝の総領弟子。【天災】は師匠柳朝ゆずり。
市馬師は柳家なのに何故か、三遊亭の【御神酒徳利】。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/25

わたくしは、ユルネバが好きだ。

スカーフが彩るスタジアムに、荘厳に響き渡る東京ファンの歌声は、わたくしの心を奮わせる。たまさか、あれはイングランドの物真似だからいけませんよだとか、本家には到底敵わない代物ですよだとか、揶揄されたりもする。

そんな人達に出逢えばきっと、”余計なお節介にも程が過ぎる。あなた方はおしなべて、Jリーグで、否、この日本で唯一、スカーフを掲げ、堂々と胸を張り、この歌を高らかに唱和するわたしたちが、羨ましくて仕方がないのだろう。この歌を歌うことの真の素晴らしさを知り得るフットボールファンは、わたくしたちだけだということを、あなた方は認めたくないのだ!”と、わたくしは声を荒げてしまうだろう。

ユルネバを歌うあなたには、醒めやらぬ東京への愛が、揺るぎない東京への想いが、体から溢れだしてくるように感じられることがある筈だ。東京のファンなのだから、あなたはそれでいいのだ。

開始の笛の鳴る前、ゲームの終わり、負けて悲しい時、勝って楽しい時、励まそうとする時、様々な場面でわたくしたちはユルネバを歌ってきた。東京への凄烈な想いを、一度も見失ったことはない。歌うことでわたくしたちは、東京への無辜の忠誠心を確かめ合ってきたのだ。先人たちの、この歌へ込めた想いを受け継ぎ、次世代のファンへ、この想いを託す為、わたくしたちはこれからもユルネバを歌い続けることだろう。

諸君、スタジアムでこの歌を歌おうではないか。
スカーフを天に掲げ、ユルネバを歌う喜びをこの身に感じようではないか。
わたくしたちの傍には、いつでもFC東京がいてくれる。
わたくしたちは決して独りではないのだ。

今年もまたフットボールシーズンが始まる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/02/24

どうでもいいはなし の8

桃太郎師匠例の如く洋食【あづま】で、豚のジュージュー焼きにスパゲティと生玉子を乗せたやつをつまみに生ビールを飲む。店のおじちゃんに、勤め人?と真顔で聞かれる。

末廣亭に入ったらちょうど色物さんの途中だったので、自動販売機でお茶でも飲もうと入ったらハンチング帽を目深に被ったおやじが座っていた。よく見たらなんと、桃太郎師匠だった。酔っぱらっていたので、初対面なのにべらべら話しかけて、おまけにサインをおねだりした。不躾な申しようなのに優しい師匠は気前よく札まで貼ってくださった。

額装して宝物にいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/23

どうでもいいはなし の7

今朝方、某報知系の朝のテレビにて、
若い兄ちゃんアナウンサーが

落語がブームです。S学館のCD付き落語マガジンが人気です。

創刊号はコキンテイ志ん朝です。

次号はコキンテイ志ん生です。

と、述べていた。


馬鹿!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/18

梅に鶯

梅に鶯春でございますね。
もうすぐ開幕。正直ワクワク。

紙切りの正楽師匠に切ってもらったのを、赤い紙に貼りました。

梅に鶯。春のお題でございます。

ピンぼけだけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/06

ひさしぶしぶし

ひさしぶしぶしなかんじ。

某S学館が押しているCD付きマガジンの創刊号を買った。古今亭志ん朝のやつね。音源が既出の使いまわしではないか!次からは買わないと決意したのが、1月20日のことだ。五代目春風亭柳朝が選ばれていないではないか!次からは買わないと決意したのも、ついでに1月20日のことだ。

FC東京に狸穴出身の彼が登場したのはいつだったか?
インタブーの煎餅屋にいたFC東京のシャツを着た所在なさ気な少年の、うつろな目つきがとても気になった。パパとママが額に汗して煎餅を焼いているにも関わらずだ!!

んでもって、FC東京の選手の入れ変わりと背番号の変更に、まだ対応出来ていないのが、このあたしだ。沖縄に行きたいが、今更感の漂っているのが最近のあたしだ。

戸田の引退に驚いてひさしぶしぶし書いてみた。

んじゃね。
またもや寄席に潜伏するあたしだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »