« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/31

どうでもいいはなし の皐月

*************************
5月 8日 上野鈴本演芸場 上席 夜 主任:柳家権太楼【一人酒盛】
5月 9日 上野鈴本演芸場 上席 夜 主任:柳家権太楼【占い八百屋】
5月11日 新宿末廣亭   中席 夜 主任:五街道雲助【妾馬】
5月15日 新宿末廣亭   中席 夜 主任:五街道雲助【付馬】
5月29日 三越落語会        主任:柳家小三治【船徳】
*************************
上席は、権太楼噺爆笑十夜と銘打って、お客様は好みの番組を観に来てくださいというネタ出しの芝居。師匠五代目小さんの十八番にどう挑むかという期待で【一人酒盛】。【占い八百屋】ってなんじゃらホイと思ったら、何のことはない【御神酒徳利】でした。ただこの芝居は顔が良くて、中入り前が小三治師だったのでもうそれで嬉しくて、しかも上野は事前に休演日を出しているので、目当ての演目が小三治師が上がる日と合致する日を選べるのがいいところでございますな。小三治師の【かぼちゃ屋】と【錦の袈裟】は実は初めて寄席で聴く噺だったンでございます。主任以外の演目は基本書かないようにしているンでございますが、今年から小三治師だけは別なンでございますよ。書くンでございます。

中席は雲助師の芝居。この芝居も顔が良くて、中入り以降は金原亭一門会の趣の、渋くて良い芝居でしたねぇ。無理すればもうちょい行かれないこと無かったンでございますが、そんなことを今更悔いてもしょうがありませんな。新宿の芝居では、雲助師の【妾馬】の遭遇率が高いような気が致します。

三越落語会。

三遊亭兼好 : 【元犬】
古今亭志ん弥: 【締め込み】
立川ぜん馬 : 【お化け長屋】
中入り
桂平治   : 【位牌屋】
柳家小三治 : 【船徳】

兼好師は音では何度か聴いたことはあったンでございますが、実際に拝見するのは今回が初めてでございました。なるほど最近売り出しということだけあって、達者なもンでございましたよ。ぜん馬師も江戸前でねぇ渋くとてもよござんした。定席に出られるようになれば良いんでございますけどね。

小三治師は何をやってもいいよあたしゃ。
昨今気になすっている地デジの話題から、何の脈略もなくいきなり【船徳】に入っていったのにはひっくり返ったけど、小三治師なンだから良いンですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコ 対 京都とか

錦湯1え~ナビスコの京都戦でございます。
四条通りをちょいと入ると一間幅くらいの通りを挟んで、いろいろなお店が軒を連ねている、錦町市場て場所がございますね。その路地裏を独りでブラブラすることがあたくしの京都での楽しみなンでございますよ。

ンでひっそりとでも無いンでしょうが、暖簾が掛かっていなければそこが湯屋だとはまるで気づかない風情の建物がございましたよ。“錦湯”でございます。試合が終わったら一っ風呂浴びようと目論んで向かったのは西京極競技場でございます。

○●インフルエンザが流行でございますからねぇ、ゴル裏ではマスクが配布されていましたねぇ。声が籠もってしまってどうしようも無くなるてぇのが難点でございました。ゴル裏の皆様は前半浮かれて後半呆れるという毎度お約束の光景で、チームは素早いリスタートからやられてしまうという、これまたお約束の光景でございました。学習能力が足りませんな。

錦湯2ンで錦湯でございます。
Bobがスタジアムにいたので、一緒に行きました。関東の湯屋みたく番台は無く、おっちゃんが入口にいて湯銭を受け取る仕組みでした。脱衣場は3間くらいでしたか、入り口から向かって右側に木製の昔ながらの脱衣箱があり、そこにすっぽり収まるように脱衣籠が入っておりました。
湯殿は脱衣場よりもうちょい奥行きがあり、右から薬湯、電気湯、湯、超熱い湯、という並び。あたくしはこの超熱い湯が掛け湯だと思いいきなり浴びて飛び上がってしまいましたな。湯船の熱さに唸っておりますと、言葉の様子から余所者だと気づいたンでしょうな、人なつこい地元のおじちゃんに声を掛けていただきました。ガイドブックに載っているのかいないのか、そういうものは見たこともないので解りませんが、地元の人でのんびりしているこういう場所はよござんすな。てかガイドブック片手の観光目的のお姉ちゃんはこんなとこ来ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/29

へそまがり

チャンピオンズリーグファイナルの、バルサのゴール廻しが凄いってみんな言ってンだけど、クラシコの2-6の時の、バルサのボール廻しは凄いってみんなあんまし言わないよな。クラシコの時のバルサは見てないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

どうでもいいはなし の11

090526_194946_m_2予想していた事とはいえ、フットボールシーズンが始まると、思うように寄席に行かれないのがもどかしい。今月もあんまし寄席行って無ぇしなぁ。こんなことなら中席の新宿の雲助師の芝居に、もうちょいと通えば良かったな。下席の定席へも行かれそうに無いしなぁ。今週末の三越落語会の小三治師で繋ぐしかねぇな。小三治師の調子が良ければいいけどな。

6月下席の新宿の夜席は小三治師の芝居なんで、万難を排して通うよ、あたいは。

最近出た古今亭菊之丞師のCDが良いよ。
『法事の茶』:深夜に大爆笑してしまい、ご近所大迷惑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/25

対 川崎とか

え~川崎戦でございます。

今野が決めて前半を折り返し、石川が54分に決めてウキウキしていたのにも拘わらず、36分間で3点食ってシクシク泣きました。

こん畜生!でございますねぇ。

向こうさんの視点でこの試合をば見てみれば、後半途中まで一方的にやられて、最後には勝つ。気分の良い勝ち方でございますねぇ。心にCatharsisをもたらすてぇやつで。

これはまるで一時代昔の正義のヒーローとヤラレ役の図ではありませんか。
いけませんですねぇ。こん畜生!でございますねぇ。

こんだあたくしたちが、川向こうで正義のヒーローになる番なンでございますよ。
11人対11人じゃ負けないンでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

ナビスコ 対 千葉とか

え~ナビスコの千葉戦でございます。

遠うございますね、フクアリ。ほんと遠い。なにせBobの車でしか行ったことがありませんでしたから、電車の中で少々ダレ気味だったあたくしだったンでございますよ。

相太さん頑張ってましたなぁ。
羽生さん頑張ってましたなぁ。
今野さん頑張ってましたなぁ。
長友さん頑張ってましたなぁ。
米本さん頑張ってましたなぁ。
途中から入った、
北斗さん頑張ってましたなぁ。

見ましたか?

北斗さんが深い位置で相手DFと1対1になる。
北斗さんが体を揺らして相手の逆を取る。
北斗さんが半歩ほど前に出た瞬間にクロスをあげる。
相太さんが相手DFと縺れあいながら、ニアに飛び込んで来る。

Excellent!

米本さんがワン・ツーでゴール前に抜け出てきてWonderful!
羽生さんが猛然とゴール前に突っ込んできてMarvelous!

Spectacleなシーンの連続で大満足な1日だったンでございますよ。

ただね、ゴル裏の太鼓からピッチを見て、右後方辺りからさ、

“梶山がいないと、○▼*☆〃?△◎◇だ~!”なんて
叫いていた奴がいたンだけど、その了簡があたくしには解らない。

何故ゴル裏にいて、今ピッチで闘っている選手を応援しない?
何故ピッチにいない選手のことを口にする必要がある?
何故怪我を負って苦しんでいる選手のことを悪く言う?

馬鹿?
それともたまたま友達に誘われて来ちゃった?
少なくとも太鼓のあたりには来なくていい。

結論として、
Bobがアウエイに来ないと東京の勝率が良いかも。ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

対 横浜とか

え~横浜戦でございます。

今シーズン城福東京が目指す方向性は更なるチームの革新というものだったが、このことは、理想と現実とのギャップがいかに深いものであるのかを我々ファンに知らしめた。ファンのハートに漂う、停滞感、焦燥感、閉塞感のようなものはやがて、こともあろうことか、愛すべきチームの分かり易い特定の選手への言われ無き罵声、怒声となって顕れてきた。この状況を打ち破る為には、チームに、なにかしら新鮮な力をもたらす選手が現れることが望ましいなんてなことは、殊更ここであたくしが声高に申し上げる程のことでもございませんな。何を気張って書いているンでございましょう。疾うに皆様はご存じのはずでございますな。


ははは。
勝ちました。

左足一閃。中村北斗ですよ。
アウトに掛かったシュートは、あたくしたちへ勝ち点3をもたらしてくれたンでございますよ。

山手線が人身事故で止まっちゃってて、新幹線で新横浜に向かったあたくしだったンでございますよ。これで負けようものなら、目も当てられなかったところでしたな。
後は何かと批判の集中する平山なンでございますが、全然悪くありませんでしたよ。彼の仕事を黙々とこなしていたんじゃありませんかな。彼が何故悪く言われるのかが、あたくしには今一つ良くわかりませんな。初ゴールももうすぐなンじゃございませんか。

頑張れって言ってあげましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

対 京都とか

え~京都戦でございます。

最近なにやらインフルエンザてぇのが流行ですな。
みなさまには十分お体にお気をつけなすって。

病気って言えばなにやらね、
シュートが決まらない病てぇのが蔓延しているみたいでございますな。

打てども打てども我が暮らし楽にならざりきてぇことでございますかな。
病はいつかは快癒するんでございますよ。

はなしは変わりますが、
広島で買った純米大吟醸 幻が大変に美味いンでございますよ。
もう一本買えば良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/06

対 広島とか

え~広島戦でございます。

オタフクお好みソース天気予報の降水確率は20%でございましたが、またもやアウエイは雨でございました。雨って言いましてもね、磐田戦に比ぶればこんなものはもうあ~た、屁みてぇなもンでした。

おお、俺の東京!今日も行こうぜ勝利を目指し!

やりましたよあたくしたちは。

ンでもねやられちゃいましたよ2-0で。

タクシーの運ちゃんにお好み村まで行っとくれって言ったら、あすこは観光客向けの美味くない店ばかりだなんて口をきくんで、じゃあ運ちゃんのお奨めの店へ連れてけって行ったら、そこはもう閉店時間を過ぎておりました。

ここでも、やられちゃったんでございますな。

そんなこんなで心に深い傷を負ったあたくしは、駅で購入した、中尾醸造株式会社 純米大吟醸 まぼろし 赤箱に頬擦りしながら、広島を後にしたンでございますよ。ほんとのこと言うと竹鶴てのが欲しかったんでございますが、見あたらなかったのが残念だったンでございます。

東京に着いてみればまたもや雨でございました。
いい加減にしねぇな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/03

対 大宮とか

え~大宮戦でございます。

石川の、生涯初となるハットトリックの現場にわたくしたちは居合わせたンでございますよ。このことだけでもう、しあわせを感じますですねぇ。

あたくしが紅顔の美少年だったころ、紅顔ですよ睾丸じゃありませんよ。RCサクセションというバンドがございましてね、お若い方はもうご存じないかもしれませんけれども。“ある日咲くでしょう”てぇのを江戸訛りで”あるし さくでっしょ”でRCサクセション。

その死は惜しまれるか知らねぇが、散り際がよくてさ。最後の最後まで様子がいいやね。ライブでこの曲を聴いたときゃ頭のてっぺんから足ン先までそりゃクラクラしたもンさ。


昨日はクルマの中で寝た
あの娘と手をつないで
市営グランドの駐車場
二人で毛布にくるまって
カーラジオから スローバラード
夜露が窓をつつんで
悪い予感のかけらもないさ
あの娘のねごとを聞いたよ
ほんとさ たしかに聞いたんだ

カーラジオから スローバラード
夜露が窓をつつんで
悪い予感のかけらもないさ
ぼくら夢を見たのさ
とってもよく似た夢を

そうさね。
俺たちには悪い予感はなんにもねぇんだ。
夢を見るんだよ。
とってもよく似た夢をみなで、見続けるンでござんすよ。

悲傷哭嘆。
清志郎を悼む。

はなしが逸れたけど今回はまぁいっか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/01

どうでもいいはなし の月のもの の卯月

*************************

4月10日 池袋演芸場 上席 夜 主任:柳家権太楼 【疝気の虫】
4月21日 新宿末廣亭 下席 夜 主任:柳家権太楼 【青菜】
4月23日 新宿末廣亭 下席 夜 主任:柳家権太楼 【笠碁】

*************************
いかんなぁ。なかなか寄席に行かれない。
4月は権太楼師の芝居のみ。

上席の【疝気の虫】がとことんくだらなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »