« 対 山形とか | トップページ | 対 大分とか »

2009/08/24

対 鹿島とか

え~鹿島戦でございます。

”-その時間・空間を共有する人々には「運」が存在すると定義する。「運」の総量は常に相対的に変化するものとし、「運」の相対的総量に影響を与える因子は、その時間・空間を共有する人々の「行為」が絶対的なものであると定義する。善なる「行為」をおこなえば、「運」の総量は増加し、不善なる「行為」をおこなえば、「運」の総量は減衰していく。-”【車中の遊び uso800】 引用123頁 

というわけで、この日Bobは、首都高で割り込んでくる車を優しく入れてあげました。善なる「行為」なンでございますよ。三宅坂ジャンクションでは、渋滞して並んでいる車を右車線からゴボウ抜きにしてしまいました。これは迂闊にも不善なる「行為」でございました。普段のわたくしであれば、Bobの車に放りっぱなしにするはずのトーチュウーも、ちゃんとSAのゴミ箱に捨てました。これは大いに善なる「行為」でございました。

努めて善なる「行為」をおこない続け、やって参りましたは、カシマサッカースタジアムでございます。この時点で、わたくしとBobがシコシコ貯め込んだ「運」の総量は相当なもので、マルキーニョスがフリーでシュートを放つも権田の正面に飛んでしまい、前半は神々しいまでの東京のディフェンス陣の頑張りで0-0で折り返し、鹿島との相性が抜群にいいカボレが後半30分に決めて、勝ってしまうという、ものでございました。

さて試合でございます。
妄想では勝つはずだったンでございますけれどもねぇ。
何がいけなかったんでございましょうか。
善なる「行為」が足りませんでしたか。
勉強し直して参ります。

帰りは帰りで、
Bobが、totoBigが当たったらどうしてくれようなどと言い出しちゃったんで、あたくしが、もし当たったらイタリアとスペインを6ヶ月交互に暮らして行くと申しましたら、Bobは、1ヶ月半でそんな生活は飽きちゃうんじゃねぇかなんてね、熱く語っていた3時間だったンでございます。当たってもいないのに、ンと馬鹿ですね、あたくしたち。
もっと現実と正面から向き合おうよ!

というわけで週末の大分戦まで、まずはこれ切り。

|

« 対 山形とか | トップページ | 対 大分とか »

東京2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/46014859

この記事へのトラックバック一覧です: 対 鹿島とか:

« 対 山形とか | トップページ | 対 大分とか »