« 対 ガンバ大阪とか | トップページ | どうでもいいはなし の月のもの の長月 »

2009/09/27

対 磐田とか

え~磐田戦でございます。

惚れた証拠にあなたの癖がいつのまにやら癖になる
あのひとのどこがいいのと聞かれる人にどこが悪いと問いかへす

都々逸で始まる指定席観戦なあたくしなンでございますよ。
健康診断の結果が、今年は良かったので長文化するンでございます。

年に何度かね、こういう試合を見せてくれるから、いつまでたっても東京から縁が切れ無いンでございますな。困ったもンでございますねぇ。かといってこの試合の出来が滅法良かったてと、そうでもなかったのてがまたファンの心を悩ましくするンでございますな。ほんに主は憎いお方。。。てことになりますな。ただあたくしが言うと気持ちが悪い。

先のガンバ戦で【 複眼的な戦術・戦略を持つ副官がいなかったのかどうかは解りません】などとのぼせたことを書いてしまいました。どうかお許し下さい。今野と長友を前の上げて、中盤を厚くしての波状攻撃は素敵でした。その波状攻撃から生まれた同点の場面。北斗さんと相太さんはやはり解りあっていると言えば良いンでしょうな。相太さんの動き出しに合わせる北斗さんの、センタリングのタイミングといったらあ~た、ほんの少だけずれてしまいましたが、結果的には長友のゴルを導いたわけでございますからな、素晴らしく美しかったンでございますよ。

ンでもって、クライマックスでございます。ジュビロキラー赤嶺!なんてね、どなたかがブログにお書きになるだろうと思っておりました。 色々と覗かせて頂いたら果たしてそうで、たくさんの方がお書きになっていらっしゃる。まさにそうですな。何故あすこでフリーになれるのでしょう。磐田ファンにとってはね、赤嶺ひとりにやられている感じでしょうな。顔も見ンのも嫌でしょうな。

試合開始から21分もの間途切れることなくチームを鼓舞し続けたゴル裏の皆様、素晴らしかったですよ。ゴル裏の最後まで諦めない声があればこそ、この試合の勝利を呼び込んだと言っても言い過ぎではありますまい。たまにねゴル裏の声が小さいだの、お子様ランチのお似合いそうな、試合を見に来ているのかなんだか良く解らない人達が、のめのめと口にするのを耳にすることがございます。ゴル裏の人達にとってはね、ンなこた大きなお世話なンでございますよ。歌にもございましょう、誰がなんと言おうとまわりは気にするな。ゴル裏にいる人達にとってはね、てめぇがどンだけやったかだけなンでございますよ。これは実際ゴル裏にいて、声を涸らして、跳ねたやつにしか解らない感覚なンでございましょう。ゴル裏についてパァパァ仰っている人達の大半は、たぶんゴル裏を外から指をくわえて見ている人達なンだろうと思いますな。これはあたくしの勝手な想像なンで違っていたらごめんなさいよ。

石川さんが得点王になったら、どうしまほ。 てことでまずはこれ切り。

|

« 対 ガンバ大阪とか | トップページ | どうでもいいはなし の月のもの の長月 »

東京2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/46324615

この記事へのトラックバック一覧です: 対 磐田とか:

« 対 ガンバ大阪とか | トップページ | どうでもいいはなし の月のもの の長月 »