« 対 京都とか | トップページ | 対 磐田とか »

2009/09/20

対 ガンバ大阪とか

え~ガンバ大阪戦でございます。

平山に当てて、落としたボールをボランチが左右に展開、もしくは平山がそのままキープし、稼いだ時間と空けたスペースに左右のアタッカーが突入てのが、これまでの東京の戦い方でございましてね、平山に縦のボールが入った時が、俗に攻撃のスイッチが入ったよなんて言い方をしていますな。なんだかんだ言われながらも城福がメンバーを固定して闘い続けたのも、これが今年の東京のスタンダードなんだよてのを内外に伝えたかったんだろうと愚考いたします。ボールを繋ぐフットボールて看板を掲げたのも、いかに良い条件で平山に持たせるかてのに腐心してきた結果だろうてのがこれまでの東京の戦い方を見てくればハッキリとしているかもしれません。先の京都戦と今回のガンバ戦との違いは平山がいる、いないの差であったと言っても言い過ぎにはなりますまい。

残念ではございますがここ最近、メンバーを固定して闘い続けた、陰の部分が顕れてきたように思えますな。メンバーの固定は否定はいたしませんよ。東京には余剰戦力が無かったのか、それとも複眼的な戦術・戦略を持つ副官がいなかったのかどうかは解りませんが、現在の東京の立ち位置を見ると、どちらなンでごさいましょうかね。確かに左サイドに君臨していた絶対的なアタッカーをシーズン途中で失った痛手はチームとして大きいものでございました。とは言え戦術の核を失った時、次の一手をどうするか十分な準備があったということになりますと、残念ながらこの試合ではあたくしには感じられなかった。まぁ、あたくしが素人なことが九割方を締めていてのがあるンでございますけどな。

フットボールって繊細でございますな。
チームのバランスがちょっとでも崩れただけで、
もうチームが躍動しなくちゃうンでござますからな。

あたくしたちはねパァパァ言う分、応援するンでございますよ。
いまこそ心をひとつにしてね、東京を応援するンでございますよ。

|

« 対 京都とか | トップページ | 対 磐田とか »

東京2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/46258767

この記事へのトラックバック一覧です: 対 ガンバ大阪とか:

« 対 京都とか | トップページ | 対 磐田とか »