« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/31

どうでもいいはなし の つきのもの の神無月

****************************

2009年10月01日 上席夜 新宿末廣亭 主任:林家正雀 ねずみ穴』
2009年10月02日 上席夜 新宿末廣亭 主任:林家正雀 『…』

2009年10月13日 中席夜 上野鈴本演芸場 主任:古今亭菊之氶 『寝床』
2009年10月14日 中席夜 新宿末廣亭 主任:桂小南治 『ながたん包丁』
2009年10月16日 中席夜 新宿末廣亭 主任:桂小南治 『そば清』
2009年10月19日 中席夜 新宿末廣亭 主任:桂小南治 『ながたん包丁』

2009年10月21日 下席夜 上野鈴本演芸場 主任:柳家三三 『茶の湯』
2009年10月23日 下席夜 新宿末廣亭 主任:鈴々舎馬櫻 『居残り佐平次』
2009年10月26日 下席夜 新宿末廣亭 主任:鈴々舎馬櫻 『文違い』
2009年10月28日 下席夜 上野鈴本演芸場 主任:柳家三三 『たちきり』  
2009年10月29日 下席夜 新宿末廣亭 主任:鈴々舎馬櫻 『坊主の遊び』

****************************

上席夜の上野は小三治師の芝居だったんだけど、いい顔付じゃなかったので、正雀師の芝居に回る。2日目は師に申し訳ないことに、ビールの飲み過ぎて落ちてしまう。

中席の上野の菊之氶師。おそらく橘家のかたちだと思った。
中席の新宿の小南治師。『ながたん包丁』初めて聴く噺。長講40分。先ずは1日の時間の経過を売り声で表す。そして1年の季節の移ろいを売り声で表す。良い高座だった。気に入ったので3日通う。9日目は客が18人だったが、手を抜かない姿に拍手。故桂小南一門。

下席の新宿。ネタ出しの芝居。『居残り』のサゲは権太楼師でも聴いたことがあったと思う。談志師の本にあったと思ったけど、無かったかもしれない。
下席の上野の三三師の芝居。9日目に『たちきり』が掛かる。これがまたね、良かったのよ。芸子の名前は『民』でやっていた。若旦那との出会いから深い関係になるまでに力点を置いて、お茶屋での場面は割にさらりと流していた様に思えた。時間の関係かは解らない。歌は入らず。江戸落語では『黒髪』が普通なんだろうか。自分には上方落語の『雪』の方が胸に迫って来るのだが、だれか『雪』でやってもらえないか。

この日、あたくしの隣にお座りになったサラリーマン風の旦那さんが、チラシの裏にいちいちメモをするのには閉口した。最前列に座るなら座るなりの了簡を持たなきゃいけないだろうと思った。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情熱をぶつけろ 俺らを熱くしろ

Photo_3


VAMO 東京!VAMO 東京!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/30

俺たちは首都 東京

新宿三丁目


 世界が待っている


11.3 霞ヶ丘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/29

弾けよう EL TOKYO

日本橋_1


 負けるわけはないさ


11.3 霞ヶ丘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/28

俺の東京

日本橋

誇りを持ち

11.3 霞ヶ丘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/27

東京

東京 

 ららら

 11.3 霞ヶ丘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/26

対 清水とか

え〜清水戦でございます。

1点目、後ろにいた、だいちゃんとガシッとハグっていたあたくしだったンでございますよ。Bobがいたのを忘れておりました。
あたくしにジェラシーを感じたのかは知りませんが、猛烈に暴れたンでございますよ。

赤嶺の幻の2点目の時も、相手のオウンゴールの時も、暴れたンでございますよ。
お陰様で、眉の下を切っちゃったンでございますよ。
でもチームが勝ったンだから、別にンなこたようがすな。
ウキキ!なンでございますよ。

オウンゴールは、#4だったじやないかぁ!
あたくしは、ゴル裏の皆様に不当な扱いを受けた気が致します。

微かにアジアが見えてきましたってことで、J1.30節はまずはこれ切り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/18

対 柏とか

まことにわれらの病を、彼こそが負い、
われらの苦しみ、それらを彼は担ったのだ。
しかしわれわれが、彼について思っていたのは、
叩かれ、
神に打たれ、痛め付けられているのだ、と。

ところが彼は何と、
われらの不義のゆえに、刺し貫かれ、
われらの咎のゆえに、砕かれていたのだ。
われらの平安のための懲罰は、
彼の上にあり、
彼の打ち傷によって、
われら自身は癒されていたのだ。
われらは皆、羊のようにさ迷い、
おのおの己が道に向かった。
ところがヤハウェは、彼に執り成しをさせた。
われらの咎に対して。

え~、イザヤ書の53:4から始まる柏戦なンでございますよ。

こんなことを書いてはなンでございますが、起きてしまったことは仕方がないンでございますよ。当座のあたくしたちの出来ることは、

朝飯の納豆をかき混ぜているときにも、
通勤電車に揺られているときにも、
仕事の合間にぼんやりしているときにも、
昼飯に何を食おうか悩んでいるときにも、
午後からどうやって仕事をさぼってやろうか企んでいるときにも、
飲み屋で焼酎飲もうか、日本酒飲もうか迷っているときにも、
飲み過ぎて、タクシーの中で戻しそうになるときにも、
酔っぱらって湯舟で溺れそうになるときにも、

いつでも彼のことを心に思い続けることなンでござますよ。信心はなンでもよござんす。速やかなる快復を、彼のことを心に強く思うンでございますよ。東京のファンのひとりひとりが強く心に思うンでございますよ。

茂庭の事といい、今度の事と言い、なんだかね今シーズンは吉事と凶事の振れ幅が大きゅうございますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/12

天皇杯 2回戦 対 カマタマーレ讃岐とか

え~天皇杯の初戦でございます。

スタジアムでビールてのも結構なものでございますが、そろそろ熱いもので一杯てのが乙な季節になってまいりました。まさか燗徳利を持ち込むわけにもいけませんので魔法瓶にお湯を詰めて、ウイスキーのスキットルに焼酎を詰めての観戦だったンでございますよ。皆様にもお好みがおありでしょうが、あたくしはと言えば芋焼酎のお湯割のあの香りがたまりませんでございます。やはり芋と言えばあの香りですな。

なぜ関係ないことをパァパァ書いているかと申しますと、実は前半のうちに持ってきた焼酎を飲み尽くしてしまいまして酒飲みモードスイッチオン!になっちゃったンでございますよ。4-0で勝っているし、試合の様子を見ても負ける気づかいは無いし、もういいやって訳で帰っちゃったンでございますな。ですからあたくしはこのゲームについて何か言う資格がございません。

長崎の予約が無駄にならずに良かったねてことで、
天皇杯2回戦、カマタマーレ讃岐戦は、まずはこれ切り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/05

対 名古屋とか

え~名古屋戦でございます。

この試合のキーワードは『クルクル』なンでございますよ。

東京のボール廻しが美しかったから、おめぇ、『クルクル』なんてなこと言ってンだろうと思った、そこのあなた!違います。

この日のあたくしのポジショニングは、Bobの隣という、とてもスリリングな位置取りでございました。点が入ったりなんかするとねぇ、嬉々として暴れるンですな。長年の付き合いでそこンとこ解ってますからねぇあたくしは、1点目、2点目とも大過なくやり過ごしたンでございますよ。チームが勝利して、やれ嬉しやな、ふっと気を抜いた、ここに落とし穴があったンでございますな。Bobをはじめゴル裏の皆さんがいきなり、ぶんぶん暴れ始めたンでございますよ。油断がありましたねぇ。足をとられクルクル、まるで乾燥機に入れられたパンツみたいに、上も下もわからずに引っ繰り返されておりました。お名前も知らない兄ぃに引っ張り上げてもらえなかったら、今頃はこの文章も書いていられなかったかもしれません。ありがとやんした。

たっちゃんの2点目は、向こう側のことで良く解らなかったンでございますが、テレビで見たら、ゴラッソでございましたなぁ。石川さんはね、当たり前のように決めてしまうのが、恐ろしゅうございます。ミスターが、こちらに来てくれました。試合後のコメントを読むと苦しんでいたンでございますね。いつまで現役を続けられるかわかりませんが、#8のかたちをね、目に焼き付けておこうと思いますな。

なんだか総力戦な感じで、選手の消耗が心配になってきた初秋の瑞穂競技場より、乾燥機に入れられたクルクルパンツが申し上げましたJ1・28節は丁度お時間と相成りまして、まずはこれ切り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »