« どうでもいいはなし の2 | トップページ | どうでもいいはなし の月のもの の睦月とか 三代目・四代目 桂 三木助 追善興行 とか »

2010/01/21

どうでもいいはなし の 正月二之席

新宿末廣亭 正月二之席とか

正月二之席、新宿の夜はご存知大看板、柳家小三治師の芝居でございまして、この芝居には10日のうち4日、主任の休席がありました。ですから小三治師の主任興業としては、6日間の芝居ということに成りますか。本芝居にあたくしは、5日通いました。

当代一の大看板の芝居でございますよ。わんさか、わんさか人が押し寄せて、椅子に座ることなど夢のまた夢、2階桟敷ですら満席でございました。この芝居で、あたくしが椅子に座ることができたのは、ただの2日。しかもそのうちの1日は、親切な方の、席が空いたからここにおいでなさいの声で、座れたようなものでした。8日目、あたくしの寄席の指定席、予備のパイプ椅子でさい満杯という有様で、入ってから終いまでの3時間ずっと立ちっぱなしでございました。おかげで腰の具合が、まだおかしゅうございます。

確かにね、後方の座席ですとか、両側の桟敷席ですとか、2階桟敷席ですとか、座ろうと思えば座れないこともありませんでした。でもあたくしはそうはしなかった。それでは、高座の噺家さんの微妙な表情の変化を捉えることができない。嫌なンでございます。ですからあたくしは、馬鹿の一つ覚えと言われようが前に座るンでございますよ。立見、結構じゃございませんか。ほんの少しの辛抱で、至福の刻を得られるンでございますもの。

まだちょいと鼻声で、体調は恢復なすっていないようでしたが、9日目の『厩火事』が、あたくしには良かったと思いました。これはあくまでも、あたくしの主観でございますからね、あまりお気になさらないでくださいましね。

噺家が高座から、普段の日にも寄席に足をお運び下さいと、笑いに包んで訴える。去年、あたくしが喰らった定席の最少人数は、新宿の夜の18人でございました。2階桟敷が開くことなど数える程でございますよ。

落語に明るいことを皆に披露したいが為に些細なくすぐりにも高笑いする、俺は小三治を観るんだと気追い込む、あろう事か高座の師匠に話し掛ける、そんな人達を飲み込んだ新宿末廣亭は、普段とは少しだけ違う顔を見せて、正月二之席の先穐楽を迎えていたンでございます。

正月二之席 新宿末廣亭 夜 
主任:柳家小三治

2010年01月12日 『初天神』
2010年01月14日 『一眼国』
2010年01月18日 『野ざらし』
2010年01月19日 『厩火事』
2010年01月20日 『かんしゃく』

|

« どうでもいいはなし の2 | トップページ | どうでもいいはなし の月のもの の睦月とか 三代目・四代目 桂 三木助 追善興行 とか »

小三治」カテゴリの記事

趣味の演芸 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/47353516

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいいはなし の 正月二之席:

« どうでもいいはなし の2 | トップページ | どうでもいいはなし の月のもの の睦月とか 三代目・四代目 桂 三木助 追善興行 とか »