« 天皇杯 2回戦 とか | トップページ | 対 浦和 とか »

2010/09/08

闘いの果て

7B645989-2576-4B12-8FC0-AD9BC05E8D63


辿りついた清水に掛かる虹に、無念にも引き返ざるを得なかった東京者は希望を託し、運良く辿り着くことの出来た東京者は、チームと共に今日の試合を闘った。

負けて良いことなんて有りはしない。
これを書ている今だって、悔しくてたまらない。

だが、今日の東京の闘いには拍手だ。今日この地へ来られなかった東京者の気持ちを受けて、ピッチに立った全員が放った勝ちへの意識は、この数試合、感じられなかったものだった。

ゴル裏は、選手の背中が見えなくなるまで歌い続けた。
ゴル裏の出した、チームへの答えだった。

|

« 天皇杯 2回戦 とか | トップページ | 対 浦和 とか »

東京2010」カテゴリの記事

コメント

またまたお邪魔致します。

本日あたくしは“運悪く辿り着くことの出来ない東京者”でありました。

出発してから諦めて引き返すまで車にいること10時間余り。
毎年何てことなく通ってる“近場のアウェイ”がこれほど遠いとは。

今宵は身体だけで無く、想いも届かなかったようです。

現地組の皆様は大変お疲れ様でした。

さあて、また出直しですね。

それでは日曜日、味スタにて。

今度こそ幸せが訪れますように。

…思いつくままの長文にて大変失礼致しました。

投稿: 助六 | 2010/09/09 03:44

助六 さん

いつもいつもありがとうございます。

>今宵は身体だけで無く、想いも…

そんな事はありません。皆様の想いを、受け感じたからこそ、選手は最後まで闘ったんだと思います。

東京者の想いが、届いた試合だったと思います。勝った負けた、とは別の次元で選手は立派だったと思います。

投稿: いかれぽんち | 2010/09/09 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/49392442

この記事へのトラックバック一覧です: 闘いの果て:

« 天皇杯 2回戦 とか | トップページ | 対 浦和 とか »