« 対 北九州とか | トップページ | 対 岐阜とか »

2011/08/01

雲助月極十番

『乳房榎』

おきせ口説き から 重信殺し

人間には善い面と悪い面との相矛盾した両面性がある。
雲助師はこの噺の主要人物の暗黒面を描き出していた。

被害者である重信ですら、
後世に自分の作品を残したいという偏向した強欲が故に家庭を顧みず、結局これが惨殺される遠因となる。
磯貝浪江。こりゃ言うまでもなく反吐が出るほどの悪いやつだ。
おきせ。一度きりと言いながらも挙げ句は自ら浪江を誘うようになってしまう女の業の深さ。
下男の正介。脅されただけで長年使えた主殺しの手助けをしてしまう。

怖かったです。
だれもが持っている人間の暗黒面を、おまえにだってそういう面があるんだよと、ピシッと言われた。

柏木のかたちです。
落合の帰り道『四条の橋』を入れてくれないかなぁとドキドキしていた。

10年後に自慢しよう。
水天宮でやった雲助の乳房榎は凄かったよって。

|

« 対 北九州とか | トップページ | 対 岐阜とか »

趣味の演芸 2011」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

いつも突然に失礼致します。

実は先日、偶然つけたテレビで聴いた雲助師匠の噺に釘付けになってしまったんです。

驚きました。寄席にはこれまで数えるほどしか行った事はありません。そんな訳で芸の良し悪しなんざ全く解りゃしません。

しかし、何と申しましょうか、ビリッと電気が走ったような気が致しました。

そして、こちらでこの記事を発見。

遅ればせながら一言コメントを残さして頂いた次第であります。

これも何かのご縁でしょうかねえ。

またいずれ、トーキョーネタでお邪魔致します。

長文にて失礼致しました。

投稿: 助六 | 2011/08/11 18:10

こんにちは。

いつもコメントありがとうございます。


噺を壊してまでギャグを入れ込んで笑わせようとする噺家が多い昨今、
正統、保守本流のど真ん中を行く噺家さんです。

助六さんがなンの噺を聴かれたか
は存じ上げませんが、
良い経験をなさいましたね。

自分の中では五指に入る噺家さんです。

ちなみに小三治師は別格。

柳亭小燕枝師
柳家小満ん師
五街道雲助師
春風亭一朝師
柳亭市馬師

この師匠方の主任興行には、大抵通います。

いつかどこかで寄席でお会いできれば
楽しいですね。

投稿: いかれぽんち | 2011/08/12 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30484/52368518

この記事へのトラックバック一覧です: 雲助月極十番:

« 対 北九州とか | トップページ | 対 岐阜とか »