東京2012

2012/07/09

対 ガンバ大阪とか

Dscf0311

えー四万六千日様お暑い盛りでございます。
この日に浅草の観音様へお参り致しますと、1日参っただけで、四万六千日お参りした御利益があるという、なんともエコロジカルな日なンでございますな。

無病息災。大願成就。toto当たれ!サマージャンボ当たれ!
日頃の行いはどこかへ置き忘れ、なんとも欲深きは人の常。

と言うわけでガンバ大阪戦でございますよ。

良いんですよ勝てば。

連敗が止まったじゃありませんか。ね。

最後ドタバタしようが。

ね。欲深きは人の常。

欲張ってはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/03

雑感

巷で話題の【感謝】という言葉の意味を調べてみた。
暇なんでな。

大辞泉
【名詞】ありがたいと思う気持ちを表すこと。またその気持ち。
大辞林
【名詞】ありがたいと思うこと。ありがたさを感じて謝意を表すこと。
とある。

それでは【ありがたい】とは何か。

おなじく大辞泉を紐解くと、
1.人の好意に対して、めったにないことと感謝するさま
2.都合よくことが進んでうれしく思うさま
3.またとないくらい尊い、もったいない
4.存在しがたい。尊い。めったにない。
5.難しい。困難だ。
6.世に生きることが難しい。生活しにくい。
とある。

どうやら感謝するということは、

人が自分に対して何か好意を示してくれたことに対するお礼の気持ちを表すこと、
と読み取ることができそうだ。

このことを踏まえて、とあるフットボールチームがファン感謝デーなるものを開催するという噂を耳にした。詳細を知る気もないので漏れ聞こえてくる事を書く。間違っていればいくらでも訂正し謝罪する。

ファン感謝デーに、選手が女装して現れるそうである。
やらされて仕方なくそうするのか、嬉々としてそうするのか、それは知らぬ。今現在の選手がチームに在籍しているより前からチームを応援している者にとってこのことは、ただただ悲しいこととしか映らない。
やる方もやる方だけど、喜ぶ方も喜ぶ方である。
他の人がどう思うかは、この際関係ない。
少なくとも自分には馬鹿げているとしか思えない。

蟻が鯛なら芋虫ゃ鯨。野暮と化け物は箱根から先てぇが
どうやら多摩川を越えちゃったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/24

対 セレッソ大阪とか

Photo
 

えーセレッソ大阪戦でございます。

長谷川アーリアジャスールがジャスる時、スタジアムは震撼し、
長谷川アーリアジャスールがジャスれば、ネットが揺れるンでございます。
 
あとはやっぱり 怪我人出すな!でございますね。
 
 

Photo_2
 
 
【はーせがわあーりあ じゃすーる!】 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/17

対 横浜とか

えー横浜戦でございます。

何も申し上げることはございませんな。

ンでここですよ皆さん。
おまいら弱えぇって見放すのか、
それとも、
こんだホームで俺たちがやってやるって、
選手を押すのか、
東京を愛するみなさんには、
もちろん、
最後まで言わせンなって、
はなしですよね。

東京の意気地てのをみせつけてやりましょう。


【というわけで 試合前の写真のみ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/05

広州夜話

亜熱帯の湿気を存分に含んだ空気はどこからか漂ってくる名も知らぬ香辛料匂いと混ざり合い、我々の肌に執拗に纏い付いていた。広州駅前の広場には、夜ともなると様々な露店が連なり合い、行き交う人々の無秩序は、暮れのアメ横の雑踏がそこかしこに出現したと想像してみれば良い。

Photo_2


駅から東へ5分ほど歩き、名も無き路地を入ったところに、その店はあった。ガイドブックには載っているはずもなく、おそらく観光客などは数える程しか来ない筈だ。厨房と土間にテーブルを置いてあるだけの、ドアなんて洒落たものはない、道路に面するところは全て開け放たれていた。マスターと勝手に俺たちが呼んだご主人と女将さんと料理人の今野とお姉さんの4人でやっている、おそらく地元の人に愛されている店。
Photo_3

俺たちにメニューを読める者などいなかったが、幸いにして料理の写真が壁に貼ってあった。乾杯が済めば後は、冷蔵庫にあった青島ビールを飲み尽くすだけだ。メニューをひとつずつ潰していきそれぞれの口に合う料理を憶えていった。翌日には、有名な気取った名店と言われる処にも行ってはみたが、やはりこの店が俺たちにはお似合いのようだ。俺たちがこの店に出逢ったのは偶然じゃない、必然だったのだ。
Photo_4

北京で酷い目にあった俺たちは、この店のおかげで中国がちょっぴり好きになっていた。マスターにしてみれば、ひたすら飲んで喰って、やたら金払いの良い日本人たちが好きになった筈だ。追加のビールが生ぬるいのしか出てこなくなった頃、明日も来るぜ!日本語で言ってみた。通じたかどうか解らないが、うんうん頷いたからきっと解ったんだろう。

翌日試合が終わった後に、また顔を出した。
マスターは流石に憶えていた。

こんだ30人以上が集まった。
マスターは驚いていたが喜んでいた。

明日も来るぜそう言って店を出た。
通じたかどうか解らないが、うんうん頷きながらマスターはにっこり笑った。
再見広州


また来るぜ広州。
俺たちはみんなそう思った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/31

対 広州とか

Guangzhou

はじまりのおわり

そして

未来へのはじまり

アジアでの闘いは楽しうございましたですねぇ。

これを知ってしまうと

また来年も行きたくなりますですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/27

対 浦和とか

Urawa

えー浦和戦でございますよ。

良い試合でございましたな。
鳥栖戦、浦和戦と、最後の最後まで諦めない姿勢が続いておりますね。こういう試合を続けていかれれば、ファンも増え続けていく事でございましょうな。

スタジアムの様子もね、相手方も去年のあれが響いているのか、いまひとつの威勢でございましたが、それはそれやっぱり浦和な人達のお陰様を持ちまして、フットボールの熱狂を体現するかの如くに、なかなかなものでございました。


【久しぶりに跳ねたンで写真はちょっと】


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/22

対 鳥栖とか

Tosu

だから東京はやめられない。


今日の試合は君たちにはどう映ったかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/17

対 蔚山とか

Urusan

えー蔚山戦でございますよ。

スタジアムにドロンパがうろついておりましたので、
一緒に写真を撮りました。

一位抜けが出来ませんでしたね。

一位抜けでも二位抜けでもどっちでも良いだとか、

日本勢がつぶし合わなくて良いだとか、

とんでもない事でございますよ。

今度の試合が広州になっちゃったンでございますよ。

金輪際中国へは行かないと思っておりましたが、

オヤジ心は千々に乱れるンでございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/29

対 清水とか

Simizu_2

ビバ トウキョウ タトエヤブレヨウトモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧